癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかず屋台
おかず屋台でお買いもの↑(2007年5月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月22日。

 今日の夕飯は、レストランに行かないで、おかず屋台で購入することにします。

 と言うわけで、ビエンチャンの町中にあるおかず市場へやって来ました。

 この辺り、昼間は、普通の道ですが、夕方になると道の両側におかずを売る屋台が現れてきます。

 一軒一軒屋台を眺めながら、お店の人と対話しながら、おかずの品定めをします。

 私は、タケノコのスープ、野菜炒めを購入します。

 もちろんカオニャオ(おこわ)も忘れずに購入です。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダムの行方

 A new French study on the Mekong dam predicts no environmental impact, a senior Lao official says.
 The Xayaburi dam on the Mekong River may have to be redesigned to avoid any adverse impact on the environment, a senior Lao official says, citing a French study amid opposition to the project by green groups and neighboring nations.
 Vice Minister of Energy and Mines Viraponh Viravong said that Laos received the findings from a French company hired to conduct an environmental assessment of the dam.
 Previous studies have said the dam could have a major impact on the regional environment and threaten food security.
 “This study … confirms that if the Lao government wants to let the dam be redesigned, there will be no impact on the environment,” Viravong said recently.
(May 16, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/19 07:42】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  ビエンチャン  おかず  外食  屋台  市場  食生活  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。