癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚約式
婚約式で使用された蒸し鶏、焼酎等↑(2007年5月12日、ボリカムサイ県)

 今は、2007年5月12日。

 今日は、ビエンチャンから150km程東南にあるボリカムサイ県の県都パクサンへ来ています。

 今日は、知人の婚約式があります。

 花嫁の家で婚約式があり、親戚一同集まって儀式を行います。

 日本で言えば結納になるのかもしれません。

 ネックレスや指輪の交換、祈祷師によるお祈り、金銭を含めた目録の披露、見届け人の挨拶等があり、お酒の回し飲み、蒸した鶏肉にからし味噌をつけて食べたり、一通りの儀式が行われました。

 儀式の後は、飲食とりといつものパターンです。



【Bon appétit !】

 争点のメコン本流のダム建設休止か?

 Laos has postponed construction of a controversial dam on the Mekong, an official said Thursday, dismissing fears that the work was going ahead despite growing regional opposition.
 "There is no construction on the Mekong river," Viraphonh Viravong, director general of the Ministry of Energy and Mines' department of electricity, told AFP by telephone.
 Thai company CH Karnchang announced in April that it had signed a contract worth $2.4 billion with the Xayaburi Power Co. "for the engineering, procurement and construction" of the Xayaburi hydroelectric power plant.
 The firm added that construction would take eight years and had commenced on March 15, sparking concern that the project was proceeding despite the concerns of countries lower down the Mekong river.
(10 May 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/11 22:59】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 ラオス  Lao  婚約式  結納  ボリカムサイ  
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。