癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかず屋台
おかず屋台でお買いもの↑(2007年5月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月22日。

 今日の夕飯は、レストランに行かないで、おかず屋台で購入することにします。

 と言うわけで、ビエンチャンの町中にあるおかず市場へやって来ました。

 この辺り、昼間は、普通の道ですが、夕方になると道の両側におかずを売る屋台が現れてきます。

 一軒一軒屋台を眺めながら、お店の人と対話しながら、おかずの品定めをします。

 私は、タケノコのスープ、野菜炒めを購入します。

 もちろんカオニャオ(おこわ)も忘れずに購入です。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダムの行方

 A new French study on the Mekong dam predicts no environmental impact, a senior Lao official says.
 The Xayaburi dam on the Mekong River may have to be redesigned to avoid any adverse impact on the environment, a senior Lao official says, citing a French study amid opposition to the project by green groups and neighboring nations.
 Vice Minister of Energy and Mines Viraponh Viravong said that Laos received the findings from a French company hired to conduct an environmental assessment of the dam.
 Previous studies have said the dam could have a major impact on the regional environment and threaten food security.
 “This study … confirms that if the Lao government wants to let the dam be redesigned, there will be no impact on the environment,” Viravong said recently.
(May 16, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/19 07:42】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  ビエンチャン  おかず  外食  屋台  市場  食生活  
トラックバック(0) |
ビアラオとメコン川
ラオスのビール、ビアラオ↑(2008年3月5日、ビエンチャン)

 今は、2008年3月5日。

 日本からきたお客さんと一緒に、メコン川沿いの屋台に来ています。

 珍しいものがいいだろうと言うことで、大きなカエルの丸焼き、孵化直前の卵を茹でたカイルーク、大きな焼き川海老等。もちろんもち米を蒸したおこわのカオニャオも頼みます。

 メコン川に夕陽が落ちます。

 ラオスの代表的ビールである、ビアラオを飲みながらせを実感します。



【Bon appétit !】

 ラオスのダム計画推進にタイ政府も加担

 The Thai government is defying a regional decision-making process by proceeding with the implementation of a controversial US$3.8 billion hydropower dam project in northern Laos, an environmental group said yesterday.
 “Recent oversight hearings by the Thai Senate and the National Human Rights Commission confirm that the government has joined Laos in concluding that the regional process is complete, thereby allowing Thai developer Ch. Karnchang to proceed with construction,” International Rivers said in a statement.
 In April, at a meeting of the Mekong River Commission, Cambodia, Thailand and Vietnam raised concerns about the potential trans-boundary impact of the proposed dam.
 At an MRC council meeting in Siem Reap in December, the four countries agreed “in principle” to seek support from the Japanese government and other partners for further impact studies of hydropower projects on the Mekong mainstream.
 An investigation International Rivers conducted last week had revealed “preliminary construction” on the dam was continuing, the statement said.
(March 1st, 2012、The Phnom Penh Post)



【アジアン雑貨】 ラオス製 民族シューズ

【アジアン雑貨】 ラオス製 民族シューズ
価格:3,980円(税込、送料別)



FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/03/03 21:51】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Laos  ビール  ビアラオ  メコン川  夕陽  屋台    
トラックバック(0) |


うめきん
 ラオスと言えば,ビアラオですね!
 最近は,いろいろなバリエーションが出てますね。

 さらに,他のビールも少しありますね。(ランサンビア,ナムコンビア,ラオビアなど)
 これらは,実際には見たことないんで,飲んだことはないですが… 

うめきんさんへ
GKen
ミヤンマーの富士湖の方の村ではではだいぶ歩かれたのですね。興味深くブログ読ませていただきました。
私は、やはりラオスの気候には、ビアラオが最も合うと思います。ランサンビールは発売された時はよく見かけましたが、それほど売れなかったような気がします。ラオビアはあまり見かけませんでしたが、ビエンチャンのあるレストランで出してくれたので時々飲みました。ちょっと甘かったような気がします。そのレストランは営業をやめてしまい今はありません。メーナムコンビアもその後どうなったことでしょう。やはりビアラオですね。
また一緒にビアラオ飲みましょう!!

コメントを閉じる▲
メコン川に沈む夕陽
メコン川対岸のタイに沈む夕陽↑(2008年1月15日、ヴィエンチャン)

 うめきんさんのブログによると、ヴィエンチャンメコン川沿いの屋台は、なくなったようです。

 少しだけ残っている屋台も、川岸と言うよりどうも道路わきと言う感じがします。

 ヴィエンチャンの楽しみの一つが無くなったようで、寂しく思います。

 でも、期待もあります。

 ラオス人のことですから、規制が変わろうと、メコン川の夕陽を眺めながらビールを飲むと言う幸せを捨てるはずがありません。

 またぞろ、屋台が出てくるのではないかと楽しみにしています。



【Bon appétit !】

犯罪撲滅に向かうラオス首相

 Social problems are on the rise in Laos, mainly in the form of criminal activities like robberies, illegal trade, prostitution, corruption, and drug abuse and trafficking, according to Prime Minister Thongsing Thammavong.
 Speaking at a meeting yesterday to discuss social problems prevalent in Vientiane, the PM called on the relevant sectors to actively combat negative phenomena in all forms and formulate approaches to ensure public security in the capital.
 Mr Thongsing said destructive elements have also tried to create problems, aiming to destroy national security by publishing incorrect information online relating to ethnic groups, religion, democracy and the country's management.
 He explained that social problems are due to various factors, one of which is a lack of responsibility on the part of some officials, who do not take these problems seriously.
 The PM accepted that while Laos has enacted a number of laws, law enforcement remains inadequate and some officials enforce the laws in an inappropriate manner.
(10 January, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/01/14 14:31】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  Lao  メコン川  屋台  ビール  夕陽  
トラックバック(0) |


うめきん
 本当に残念なことです…
 みんなの楽しみの1つだと思っていましたので。
 以前は,ごみが散らかるなどの問題があったのでしょうか?
 ちょうどUPしました。また見て下さい。

 ただ,屋台以外では,多くの市民が集まって来だしたことは,いいことだと思います。とは言え,なんか一部だけが変に都会っぽくなったのも,ちょっと…という気がします。

うめきんさんへ
GKen
書き込みありがとうございます。
2008年頃から屋台をなくす政府方針があると聞いていました。衛生面の問題もあると思いますが、土地の使用権の問題があったと記憶しています。
2009年頃から、突然、雑貨、衣類のテントが増えてきた時は、将来は、ルアンパバンのようなナイトマーケットをビエンチャンにも作るといううわさも流れていました。
いずれにしても今後どうなるか興味深いところです。



yoko
おはようございます。
以前の様子を知らない私ですが、メコンの護岸は、広々としていて開放感があり、すっきり綺麗なイメージです。早朝に掃除をしている人も見かけました。そして、散歩をする人、ジョギングする人、思い思いの運動をしている人々がいました。夜の屋台は、ほとんどメコン沿いでは目にしませんでしたが、別の奥の方のナイトマーケットには、沢山の屋台? 色々な食べ物が並べられているところがありました。 多分そのマーケットがメコン沿いにあったものかも知れませんね。
でも、メコンの夕日を眺めながら、ビアラオを飲みたいという気持ちは、お酒に弱い私でも良く分かる気がします。

yokoさんへ
GKen
そうですね、写真で見ると、とてもすっきりとした感じですね。とても奇麗でいいと思います。ただ、時代は進んでいきますのでいつまでも昔のことを思い出していても仕方ないのですが、夕陽を見ながらの屋台での食事があまりにも素晴らしかったものですから、どうしても懐かしくなっていしまいます。ラオス人の良さは変わらないでほしいと思います。書き込みありがとうございます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。