癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱穀風景
脱穀風景↑(2008年5月13日、ルアンパバン県)

 今は、2008年5月13日。

 今日は、ルアンパバンに来ています。

 ルアンパバンは、ビエンチャンの北500km程の所にある世界遺産の街です。

 ルアンパバンの街からさらに車に乗ってパークオー郡に来ています。

 そこからさらに、途中、道がないために、ボートに乗ってやってきました。

 田んぼの一角で、を板にち付けている人がいます。

 近づいてみると、刈り取った乾季作米の脱穀をしているところです。

 板に打ち付ける方法のほかには、刈り取った稲を足で踏んで脱穀する方法も良く見かけます。



【Bon appétit !】

 ビエンチャン中心部の土地価格高騰

 Real estate in the Lao capital explodes in value.

 Real estate prices are soaring in Laos’s capital, Vientiane, residents say, as the city develops at a rapid pace.

 Land prices in Vientiane, the country’s economic center, have risen to over U.S. $2,500 per square meter in some areas, up to two hundred times the price in areas in the outskirts of the city.

 Residents said prices in prime business areas of the capital were around U.S. $2,500 to $3,000 per square meter in January, but now they have climbed even higher.

 The price per square meter is about the same as annual income of the average city resident, which city officials in April said was $2,750, according to the Vientiane Times newspaper.
(May 14, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/20 22:51】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  Lao  ルアンパバン  世界遺産  農業  脱穀  稲刈り  
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。