癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネソタ州のミスに、ラオス人の両親を持つラオス系アメリカ人の女性Ms.Nitaya Panemalaythongが選ばれました。(http://www.missminnesotausa.com/mn_miss.cfm)

今年の6月にミス・アメリカコンテストにでるとのことです。

彼女は、1975年の革命後ラオスを脱出したラオス人の子供で、タイ、ナポー村の難民キャンプで生まれたそうです。

1975年に終結したベトナム戦争で、米国協力した多くのラオス人やその家族は、報復攻撃を受けながらタイに逃れたのです。

6月のミス・アメリカコンテスト、応援したいところです。




【Bon appétit !】

 2012年ミス・ミネソタNitaya Panemalaythongさん

 The words captivating, charismatic, and determined only begin to describe Nitaya Panemalaythong. Her path to the Miss Minnesota USA crown is simply amazing! She won her title in her first pageant competition, and is the first Asian American to hold the Miss Minnesota USA title.
 Born in a refugee camp in Thailand, Nitaya came to America as in infant in 1986. The family moved from Minneapolis, to other locations in Minnesota, then North Carolina, before Nitaya returned to Minnesota in 2004.
 Nitaya’s drive to succeed flourished in high school, where she became a National Beta Club member (recognizing academic achievement, leadership, character, and service), was selected to the Honors A Capella Ensemble as a freshman, and graduated as a North Carolina Scholar.
 Currently, Nitaya works full time in an office setting while attending Normandale Community College. Her goal is to attend the University of Minnesota’s Carlson School of Management to obtain a degree in Finance.
 Nitaya is from Laos, and is bilingual. Her proudest accomplishment is becoming a homeowner in 2010. She and her brother in law support 10 family members, living in that home.
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/13 08:39】 | 歴史
【タグ】 ラオス  Lao  ミス・コンテスト  ベトナム戦争  難民キャンプ    
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。