癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかず屋台
おかず屋台でお買いもの↑(2007年5月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月22日。

 今日の夕飯は、レストランに行かないで、おかず屋台で購入することにします。

 と言うわけで、ビエンチャンの町中にあるおかず市場へやって来ました。

 この辺り、昼間は、普通の道ですが、夕方になると道の両側におかずを売る屋台が現れてきます。

 一軒一軒屋台を眺めながら、お店の人と対話しながら、おかずの品定めをします。

 私は、タケノコのスープ、野菜炒めを購入します。

 もちろんカオニャオ(おこわ)も忘れずに購入です。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダムの行方

 A new French study on the Mekong dam predicts no environmental impact, a senior Lao official says.
 The Xayaburi dam on the Mekong River may have to be redesigned to avoid any adverse impact on the environment, a senior Lao official says, citing a French study amid opposition to the project by green groups and neighboring nations.
 Vice Minister of Energy and Mines Viraponh Viravong said that Laos received the findings from a French company hired to conduct an environmental assessment of the dam.
 Previous studies have said the dam could have a major impact on the regional environment and threaten food security.
 “This study … confirms that if the Lao government wants to let the dam be redesigned, there will be no impact on the environment,” Viravong said recently.
(May 16, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/19 07:42】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  ビエンチャン  おかず  外食  屋台  市場  食生活  
トラックバック(0) |
焼きカエル
ご飯、ミソ、焼きカエル↑(2008年4月2日、サワンナケート県)

今は、2008年4月2日。

一昨日、ビエンチャンから500kmほど南下した所にあるサワンナケートに来ました。

今日は、サワンナケートの町からさらに南へ行ったところにあるチャムポン郡へ来ています。

車を降りて、村長の案内で2時間程歩いて村を訪問し、同じ道を引き返し、車の所まで戻ってきたところです。

途中、昼食を食べる場所がなかったので、皆おなかがすいてしまいました。

ここには、よろず屋兼食堂があるので、何か食べることにします。

小型のカエルしかないということで、、カエルを注文します。

串にはさんで焼いたものが出てきました。

カエルをチェオ(からし味噌)につけて食べます。

カオニャオ(おこわ)が美味です。



【Bon appétit !】

 将来中国はラオスへの最大投資国に

 China looks set to become the largest foreign investor in Laos in the near future as Chinese businesses make further inroads into the country.
 This was the opinion expressed by Lao National Chamber of Commerce and Industry Secretary General Khanthavong Dalavong during an interview with Vientiane Times yesterday.
 "Chinese investment in Laos has increased rapidly since the end of last year. If the rate of increase remains unchanged, China will become the largest foreign investor in the near future,” he said.
 At present, China is the second largest foreign investor in Laos after Vietnam, Khanthavong said, quoting a report from the Ministry of Planning and Investment. He was unable to give details of the current value of Chinese investment.
 From 2000 to 2010, Vietnam was the largest foreign investor with an investment value of US$2.77 billion, while China was in second place with an investment value of $2.71 billion. Thailand ranked third with a total investment value of $2.68 billion.
(4 April, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/04/07 22:07】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  カエル  食生活  
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。