癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱穀風景
脱穀風景↑(2008年5月13日、ルアンパバン県)

 今は、2008年5月13日。

 今日は、ルアンパバンに来ています。

 ルアンパバンは、ビエンチャンの北500km程の所にある世界遺産の街です。

 ルアンパバンの街からさらに車に乗ってパークオー郡に来ています。

 そこからさらに、途中、道がないために、ボートに乗ってやってきました。

 田んぼの一角で、を板にち付けている人がいます。

 近づいてみると、刈り取った乾季作米の脱穀をしているところです。

 板に打ち付ける方法のほかには、刈り取った稲を足で踏んで脱穀する方法も良く見かけます。



【Bon appétit !】

 ビエンチャン中心部の土地価格高騰

 Real estate in the Lao capital explodes in value.

 Real estate prices are soaring in Laos’s capital, Vientiane, residents say, as the city develops at a rapid pace.

 Land prices in Vientiane, the country’s economic center, have risen to over U.S. $2,500 per square meter in some areas, up to two hundred times the price in areas in the outskirts of the city.

 Residents said prices in prime business areas of the capital were around U.S. $2,500 to $3,000 per square meter in January, but now they have climbed even higher.

 The price per square meter is about the same as annual income of the average city resident, which city officials in April said was $2,750, according to the Vientiane Times newspaper.
(May 14, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/20 22:51】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  Lao  ルアンパバン  世界遺産  農業  脱穀  稲刈り  
トラックバック(1) |
おかず屋台
おかず屋台でお買いもの↑(2007年5月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月22日。

 今日の夕飯は、レストランに行かないで、おかず屋台で購入することにします。

 と言うわけで、ビエンチャンの町中にあるおかず市場へやって来ました。

 この辺り、昼間は、普通の道ですが、夕方になると道の両側におかずを売る屋台が現れてきます。

 一軒一軒屋台を眺めながら、お店の人と対話しながら、おかずの品定めをします。

 私は、タケノコのスープ、野菜炒めを購入します。

 もちろんカオニャオ(おこわ)も忘れずに購入です。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダムの行方

 A new French study on the Mekong dam predicts no environmental impact, a senior Lao official says.
 The Xayaburi dam on the Mekong River may have to be redesigned to avoid any adverse impact on the environment, a senior Lao official says, citing a French study amid opposition to the project by green groups and neighboring nations.
 Vice Minister of Energy and Mines Viraponh Viravong said that Laos received the findings from a French company hired to conduct an environmental assessment of the dam.
 Previous studies have said the dam could have a major impact on the regional environment and threaten food security.
 “This study … confirms that if the Lao government wants to let the dam be redesigned, there will be no impact on the environment,” Viravong said recently.
(May 16, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/19 07:42】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  ビエンチャン  おかず  外食  屋台  市場  食生活  
トラックバック(0) |
ミネソタ州のミスに、ラオス人の両親を持つラオス系アメリカ人の女性Ms.Nitaya Panemalaythongが選ばれました。(http://www.missminnesotausa.com/mn_miss.cfm)

今年の6月にミス・アメリカコンテストにでるとのことです。

彼女は、1975年の革命後ラオスを脱出したラオス人の子供で、タイ、ナポー村の難民キャンプで生まれたそうです。

1975年に終結したベトナム戦争で、米国協力した多くのラオス人やその家族は、報復攻撃を受けながらタイに逃れたのです。

6月のミス・アメリカコンテスト、応援したいところです。




【Bon appétit !】

 2012年ミス・ミネソタNitaya Panemalaythongさん

 The words captivating, charismatic, and determined only begin to describe Nitaya Panemalaythong. Her path to the Miss Minnesota USA crown is simply amazing! She won her title in her first pageant competition, and is the first Asian American to hold the Miss Minnesota USA title.
 Born in a refugee camp in Thailand, Nitaya came to America as in infant in 1986. The family moved from Minneapolis, to other locations in Minnesota, then North Carolina, before Nitaya returned to Minnesota in 2004.
 Nitaya’s drive to succeed flourished in high school, where she became a National Beta Club member (recognizing academic achievement, leadership, character, and service), was selected to the Honors A Capella Ensemble as a freshman, and graduated as a North Carolina Scholar.
 Currently, Nitaya works full time in an office setting while attending Normandale Community College. Her goal is to attend the University of Minnesota’s Carlson School of Management to obtain a degree in Finance.
 Nitaya is from Laos, and is bilingual. Her proudest accomplishment is becoming a homeowner in 2010. She and her brother in law support 10 family members, living in that home.

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/13 08:39】 | 歴史
【タグ】 ラオス  Lao  ミス・コンテスト  ベトナム戦争  難民キャンプ    
トラックバック(0) |
婚約式
婚約式で使用された蒸し鶏、焼酎等↑(2007年5月12日、ボリカムサイ県)

 今は、2007年5月12日。

 今日は、ビエンチャンから150km程東南にあるボリカムサイ県の県都パクサンへ来ています。

 今日は、知人の婚約式があります。

 花嫁の家で婚約式があり、親戚一同集まって儀式を行います。

 日本で言えば結納になるのかもしれません。

 ネックレスや指輪の交換、祈祷師によるお祈り、金銭を含めた目録の披露、見届け人の挨拶等があり、お酒の回し飲み、蒸した鶏肉にからし味噌をつけて食べたり、一通りの儀式が行われました。

 儀式の後は、飲食とりといつものパターンです。



【Bon appétit !】

 争点のメコン本流のダム建設休止か?

 Laos has postponed construction of a controversial dam on the Mekong, an official said Thursday, dismissing fears that the work was going ahead despite growing regional opposition.
 "There is no construction on the Mekong river," Viraphonh Viravong, director general of the Ministry of Energy and Mines' department of electricity, told AFP by telephone.
 Thai company CH Karnchang announced in April that it had signed a contract worth $2.4 billion with the Xayaburi Power Co. "for the engineering, procurement and construction" of the Xayaburi hydroelectric power plant.
 The firm added that construction would take eight years and had commenced on March 15, sparking concern that the project was proceeding despite the concerns of countries lower down the Mekong river.
(10 May 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/11 22:59】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 ラオス  Lao  婚約式  結納  ボリカムサイ  
トラックバック(1) |
ベトナム料理タケク
ラオスのベトナム料理↑(2008年5月5日、ターケーク、カムアン県)

 今は、2008年5月5日。

 ビエンチャンから南に300km位の所にあるターケークに来ています。

 ここは、カムアン県の県庁所在地。

 フランス植民地時代の雰囲気が残っていて、とても落ち着く街です。

 メコン川沿いにあり、対岸はタイのナコーンパノム

 渡し船が行き来しています。

 昼食は、市場の近くにあるベトナム料理店。

 お店と言うより、オープンスペースにテーブルとイスを並べた屋台の延長にあるような店です。

 ラオスにはたくさんのベトナム料理店がありますが、この店の料理は素朴で、ほとんどベトナムの家庭料理ではないかと思います。

 一緒にいたラオス人が、美味しい美味しいと言って食べています。

 

【Bon appétit !】

 ラオスはメコン本流ダム計画を強行か?

 Laos said yesterday it would not make a final decision on construction of the Xayaburi dam in the main stream body of the Mekong River before approval by the international community and countries in the Lower Mekong basin over environment concerns.
 Work on the site by the Thai construction company Ch Karnchang was just preparation, mostly in the primary and exploration stage, said Lao Vice Minister of Energy and Mines Viraphonh Viravong.
 Laos has proposed building the Xayaburi Dam on the main stream Mekong, about 150 km downstream from Luang Prabang, to generate 1,260MW of power, mainly for export to Thailand.
(May 4, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/05 08:27】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Lao  メコン  ダム  自然破壊  開発  ベトナム料理  タケク  カムアン  
トラックバック(1) |

ラオスに行きたくなります
mandaragan
Gken様、初めまして。mandaragan と申します。ブログ記事を拝見していたらラオスに行きたくなりました。昔の日本のような風景や生活が残っていて癒されるように思います。
私は東南アジアが好きでフィリピンを旅行しました。記事更新を楽しみにしてリンクさせてもらいました。もし、よろしかったら相互リンクしていただけたら大変嬉しいです。

mandaraganさんへ
GKen
書き込みありがとうございます。
ラオスは、懐かしさを感じ、とてもいいところです。景色と人間が、昔の日本を見ているようです。
mandaraganさんのブログも拝見させていただきます。相互リンクは是非させていただきたいところですが、現在リンクの場所を作っていませんが、今後リンクコーナーを作って行きたいと考えています。
引き続きよろしくお願いします。


うめきん
 あっ,この店は,私も以前に行ったことがあると,楽天ブログ時代に書いたとこですね!
 確かに,おいしかったです!! 

うめきんさんへ
GKen
はい、うめきんさんも行ったことがあると言っていた食堂です。
タケクは、サワナケートへの行き帰りに良く訪問しましたが、なんとなく好きな街です。
書き込みありがとございます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。