癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルアンパバン夕景
メコン夕景↑(2010年2月8日、ルアンパバン)

ご訪問ありがとうございます。嬉しく思います。

皆さんに親しんでいただいたこのブログ「もしあなたがラオスへ行きたくなったら」は、現在、休止中です。

姉妹ブログ「GKenの『一人ひとりがVIP』」に続きを書いていますので、是非訪問して下さい。

お手数ですが、「GKenの『一人ひとりがVIP』 」(←クリックすると訪問できます)を訪問していただければ幸いです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/29 20:49】 | 未分類
【タグ】 ラオス  Laos  ルアンパバン  メコン川  夕景  
トラックバック(1) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
ボートから見た川岸の風景
ボートから見る川岸↑(2008年5月7日、サワンナケート県)

 今は、2008年5月7日。

 ビエンチャンから南に500km程の所にあるサワンナケートの町に来ています。

 今日は道路が通っていない村に行くことにしています。

 唯一交通手段は、ボートです。

 ボートに乗って、メコン川の支流を遡ります。

 まだ雨期に入ったばっかりですので、水量はそれほど多くありません。

 川岸には、乾季の時に作られたがまだ十分使われています。

 もうすぐ水量が増えるとこれらの畑は水没し、半年後には肥沃な畑に生まれわります。

 ボートに乗って投網を持っている人がいます。

 投網を投げるつもりだったようですが、我々のボートが来たのでこちらを見ています。

 岸辺には、何人かいます。

 自家用ボートに乗って畑仕事に来ているようです。



【Bon appétit !】

 チャンパサックで聖なる木が倒れる

 Champassak provincial authorities have been bombarded with requests from concerned locals to rescue a sacred manikhoth tree - a holy tree in Buddhist tradition - from being swept away by the Mekong River after it toppled over last month.
 The tree stood on a rock in the middle of Khonephapeng waterfall, the thunderous 10km wide falls in southernmost Champassak province, near the Cambodian border.
 The uprooted manikhoth tree lies in the Mekong River.
 The fallen tree is still partly on land while some of the trunk lies in the river, and locals fear the holy tree will be swept away by the strong current.
 Locals want the authorities to lift the tree out of the river and display it appropriately as a cultural relic.
 According to local media, the tree fell on March 19, which has sparked public reaction as far north as Vientiane because of its perceived supernatural powers.
(30 April, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/06 20:07】 | 道路、交通
【タグ】 ラオス  Laos  サワンナケート  ボート  乾季  雨季    
トラックバック(1) |
キノコスープとコイパー
キノコのスープ、魚とハーブ炒め等↑(2007年5月3日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月3日。

 ビエンチャンには、多くの寺院があります。

 その内の一つ、ワットオントゥ寺に来ています。

 仏堂には、大仏が安置されています。

 ラオスでは、いろいろな所で大仏を見かけます。

 ワットオントゥの裏に、レストランがあったので入ることにします。

 オープンエアのお店になっていますが、植物がヨシズのように店の正面を覆っています。

 主食は、ラープを頼みます。

 魚を小さく切り刻んで、ハーブや野菜と一緒に軽く炒めます。

 キノコのスープが美味しそうなので頼みます。

 たくさんのキノコが入っていて美味しく戴きます。

 あとは、おこわ(カオニャオ)。

 おこわは、ティップカオという小さなおひつに入って出てきます。

 高級レストランで、いつもの食事の倍以上の値段でしたが、美味しく戴きました。



【Bon appétit !】

 ラオスのメコン川本流ダム建設反対

 The Xayaburi hydropower project on the Mekong River stirs up controversy among Laos's neighbors.
 Cambodia has called for an immediate halt to the construction of the Xayaburi dam in an official protest note to Laos, officials said in a statement released Tuesday, as opposition to the hydropower project gained momentum in Thailand.
 Lim Kean Hor, Cambodia’s water resources minister and its representative to the Mekong River Commission (MRC), an intergovernmental body of four countries that share the river, demanded in a letter to his Lao counterpart Noulinh Sinbandhit that construction on the dam be suspended pending an environmental impact assessment.
(1 May, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/02 20:59】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Laos  食事  レストラン  カオニャオ  もち米  ラープ  きのこ  ダム  自然破壊  
トラックバック(0) |
バーシー誕生祝い
バーシーの儀式(2007年4月29日、ビエンチャン)

 今は、2007年4月29日。

 知人の子供が2歳の誕生日を迎えるということで、バーシー儀式に呼ばれました。

 親せき、知人が集まり盛大に行います。

 部屋の真ん中にパークワンと呼ばれる塔のような飾り物があります。

 パークワンは、バナナの葉とマリーゴールドのようなで飾られていて、木綿のを取り付けた竹ひごがたくさん刺さっています。

 周りには果物やお菓子が添えられています。

 暫くすると、オレンジ色の袈裟を身に付けた僧侶が9人やって来ました。

 お経が始まります。

 バーシーの儀式は、仏教の儀式ではなく、民間信仰ですが、仏教と癒合しています。

 お経が終わると、祈祷師によるお祈りが始まります。時々、お坊さんとかけあいのようなことを行ったりして、仏教とバーシーが混然一体として儀式が進められていきます。

 バーシーの儀式が終わると、竹ひごにくくりつけられている木綿を撚った紐をお互いの手首に巻き、相手の健康や幸福をお祈りします。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダム工事のいく末は如何に?

 Protesters called for a halt to construction on the proposed $3.8 billion Xayaburi dam project on the Lower Mekong River in northern Laos.
 Converging on the headquarters of Thai construction company Ch. Karnchang's annual shareholders meeting Tuesday in Bangkok, civil society groups and community representatives from villages along the Mekong said the company is defying a Mekong River Commission's ruling made last December.
 MRC -- comprised of Laos, Thailand, Vietnam and Cambodia -- is the core body through which the four countries negotiate and discuss trans-boundary effects of management of their shared river. The December ruling called for the Xayaburi project to be delayed until a comprehensive environmental impact study can more properly identify potential risks.
(April 25, 2012、BANGKOK、UPI)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/04/30 08:47】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 ラオス  Laos  バーシー  仏教  宗教    
トラックバック(1) |
ミツマタ
天日乾燥中のミツマタ↑(2008年3月27日、ルアンパバン県)

 今は、2008年3月27日。

 ルアンパバンに来ています。

 ルアンパバンから、南下してナン郡を訪問しています。

 道の途中で、木の皮のようなものを干しています。

 ミツマタの木の皮です。

 この皮を使って、紙を作ります。


 ラオスにも和紙のようながあります。



【Bon appétit !】

 ラオスのカジノの街、ギャンブル終焉

 Laos is ending gambling in the former casino enclave of Boten on the Chinese border because of worries about crime, state media said Wednesday.
 Laos is ending gambling in the former casino enclave of Boten on the Chinese border because of worries about crime, state media said Wednesday.
"There has been speculation over criminal activity in the gambling town, which forced the government to close the casino," the Vientiane Times reported, without saying when the business was shut.
 Laos plans to take greater control of security at the site and strip the Boten management of some powers, reclassifying the area as a "special economic zone," the report said.
(21 March 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/03/25 21:34】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  Laos    ルアンパバン  
トラックバック(5) |


うめきん
 そうなんですか。日本と同じように紙すきをするんでしょうか?
 それを,何に使っているのかも気になります。

PS
 ’00年のヴィエンチャンをUPしています。

うめきんさんへ
GKen
はい、和紙と同じような紙があります。日本と同じように紙すきもすると聞いていますが、私はまだ見たことがありません。
2000年のビエンチャンの写真を楽しく見させていただいています。貴重な写真ですね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。