癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかず屋台
おかず屋台でお買いもの↑(2007年5月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年5月22日。

 今日の夕飯は、レストランに行かないで、おかず屋台で購入することにします。

 と言うわけで、ビエンチャンの町中にあるおかず市場へやって来ました。

 この辺り、昼間は、普通の道ですが、夕方になると道の両側におかずを売る屋台が現れてきます。

 一軒一軒屋台を眺めながら、お店の人と対話しながら、おかずの品定めをします。

 私は、タケノコのスープ、野菜炒めを購入します。

 もちろんカオニャオ(おこわ)も忘れずに購入です。



【Bon appétit !】

 メコン川本流ダムの行方

 A new French study on the Mekong dam predicts no environmental impact, a senior Lao official says.
 The Xayaburi dam on the Mekong River may have to be redesigned to avoid any adverse impact on the environment, a senior Lao official says, citing a French study amid opposition to the project by green groups and neighboring nations.
 Vice Minister of Energy and Mines Viraponh Viravong said that Laos received the findings from a French company hired to conduct an environmental assessment of the dam.
 Previous studies have said the dam could have a major impact on the regional environment and threaten food security.
 “This study … confirms that if the Lao government wants to let the dam be redesigned, there will be no impact on the environment,” Viravong said recently.
(May 16, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/19 07:42】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  ビエンチャン  おかず  外食  屋台  市場  食生活  
トラックバック(0) |
焼きカエル
ご飯、ミソ、焼きカエル↑(2008年4月2日、サワンナケート県)

今は、2008年4月2日。

一昨日、ビエンチャンから500kmほど南下した所にあるサワンナケートに来ました。

今日は、サワンナケートの町からさらに南へ行ったところにあるチャムポン郡へ来ています。

車を降りて、村長の案内で2時間程歩いて村を訪問し、同じ道を引き返し、車の所まで戻ってきたところです。

途中、昼食を食べる場所がなかったので、皆おなかがすいてしまいました。

ここには、よろず屋兼食堂があるので、何か食べることにします。

小型のカエルしかないということで、、カエルを注文します。

串にはさんで焼いたものが出てきました。

カエルをチェオ(からし味噌)につけて食べます。

カオニャオ(おこわ)が美味です。



【Bon appétit !】

 将来中国はラオスへの最大投資国に

 China looks set to become the largest foreign investor in Laos in the near future as Chinese businesses make further inroads into the country.
 This was the opinion expressed by Lao National Chamber of Commerce and Industry Secretary General Khanthavong Dalavong during an interview with Vientiane Times yesterday.
 "Chinese investment in Laos has increased rapidly since the end of last year. If the rate of increase remains unchanged, China will become the largest foreign investor in the near future,” he said.
 At present, China is the second largest foreign investor in Laos after Vietnam, Khanthavong said, quoting a report from the Ministry of Planning and Investment. He was unable to give details of the current value of Chinese investment.
 From 2000 to 2010, Vietnam was the largest foreign investor with an investment value of US$2.77 billion, while China was in second place with an investment value of $2.71 billion. Thailand ranked third with a total investment value of $2.68 billion.
(4 April, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/04/07 22:07】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  カエル  食生活  
トラックバック(1) |
乾燥肉、ソーセージ、焼き魚等
乾燥肉、焼き魚、ソーセージ、乾燥バナナ等↑(2007年3月28日)

 今は、2007年3月28日。

 ラオスの首都ビエンチャンから南に向かって車を走らせています。

 500kmほど南にあるサワンナケートに向かっています。

 途中、ドライバーたちが休憩する集落が何箇所かあります。

 店では、乾燥肉、乾燥魚、焼き魚、ソーセージ、乾燥バナナ、焼き小動物、焼き爬虫類などいろいろなものが売られています。

 ソーセージや乾燥肉はかなり美味しく、びっくりします。



【Bon appétit !】

 違法なインターネットカフェin Lao

 The Ministry of Post and Telecommunications has urged internet cafes that purchase bandwidth(通信帯域)from companies in Thailand to revoke(取り消す、破棄する)their purchase agreements as the use of these services is illegal.
 The ministry's Information and Technology Department Deputy Director General, Mr Khamphanh Souvannakha, made the comment yesterday in response to complaints from telecom operators in Laos that they are facing unfair competition from operators outside of the country.
 Thai telecom operators transmit telecom and internet signals from the border town to one kilometre inside the Lao border, enabling internet shops in the area to subscribe to the service and sell cheap internet access to their customers.
 There are seven internet service providers in Laos, all of which charge public internet facilities a higher price for internet access than Thai companies do.
 Lao internet providers charge a high price for bandwidth, and want the government to protect the telecom industry from illegal encroachment(侵犯、侵害)by operators in other countries.
( 29 March, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/03/29 22:09】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  乾燥肉  ソーセージ    
トラックバック(0) |

KFC
女子高生等でにぎわうKFC店内↑(2008年2月27日)

 今は、2008年2月27日。
 
 ヴィエンチャンKFCに来ています。

 ここのフライドチキンはとてもおいしく、連日多くの人でにぎわいます。

 今日も、女子高生たちがたくさん来て、フライドチキンを食べています。

 このKFCは、クービエン通りに面して有り、いつともなく、人々はクービエン・フライド・チキン(KFC)、とこう呼ぶようになりました。

 ラオスには、KFCもマグドナルドもありません。


 
 
【Bon appétit !】

 中国によるラオスへの投資増加中!!

 Chinese investment in Laos reached 731.5 million dollars last year, making China the leading investor in the communist country, a state-run newspaper said Thursday.
 The investment was an increase from 2001 when China invested 556 million dollars and from 2009's 247 million dollars, according to the Lao government.
 China accounted for 99 investment projects in 2011, mainly in mining, hydropower, agriculture and the services sector, the Vientiane Times reported, citing a Lao government report.
(23 February 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/02/25 20:33】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Lao  KFC  レストラン    
トラックバック(0) |


うめきん
 例のKFCですね!
 ここは,おいしかったです!!
 またいつの日にか,ご一緒したいです。

Re: タイトルなし
GKen
>  例のKFCですね!

はい。あの時ご一緒したKFCです。いつも賑わっています。

>  ここは,おいしかったです!!

とてもおいしかったですね。この店に限らずラオスのチキンはとても美味しいと思います。

>  またいつの日にか,ご一緒したいです。

ぜひご一緒しましょう。そのためにも、私はまたラオスに在住したいと考えてるところです。



コメントを閉じる▲
アヒルのあご
アヒルの焼いた骨付きあご肉を手に↑(2009年12月29日、ヴィエンチャン)


 今は、2009年12月29日。

 ヴィエンチャンメコン川沿いにあるスナックバーに来ています。

 アヒルあご肉を食べたことがあるかという話になり、私は食べたことがなかったので、店員がどこからかアヒルのあご肉を焼いたものを買ってきてくれました。

 カーンペットと呼ぶそうです。

 ラオスではアヒルは高級肉に分類されていて、その中でもアヒルのあごは最も美味しい部位の一つということでした。



【Bon appétit !】

 Japan cranks up provincial power links

 The Japan International Cooperation Agency (JICA) and the Lao government agreed last Friday to continue discussions regarding the construction of a 115kv transmission line and substations in Savannakhet and Saravan provinces.
 JICA reported that they had previously supported the construction of 115kv transmission lines and substations to deliver power to a 300km section between Pakxan district in Borikhamxay province and Pakbo village in Kaysone Phomvihane district, Savannakhet province, which was installed earlier this year.
 The new transmission line is expected to ease power shortages in Savannakhet and Khammuan provinces, improve reliability, ease brownouts(灯火管制、節電、電圧低下), and enhance rural electrification.
(27 December 2011)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/12/29 12:25】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Laos  アヒル  バー    
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。