癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネソタ州のミスに、ラオス人の両親を持つラオス系アメリカ人の女性Ms.Nitaya Panemalaythongが選ばれました。(http://www.missminnesotausa.com/mn_miss.cfm)

今年の6月にミス・アメリカコンテストにでるとのことです。

彼女は、1975年の革命後ラオスを脱出したラオス人の子供で、タイ、ナポー村の難民キャンプで生まれたそうです。

1975年に終結したベトナム戦争で、米国協力した多くのラオス人やその家族は、報復攻撃を受けながらタイに逃れたのです。

6月のミス・アメリカコンテスト、応援したいところです。




【Bon appétit !】

 2012年ミス・ミネソタNitaya Panemalaythongさん

 The words captivating, charismatic, and determined only begin to describe Nitaya Panemalaythong. Her path to the Miss Minnesota USA crown is simply amazing! She won her title in her first pageant competition, and is the first Asian American to hold the Miss Minnesota USA title.
 Born in a refugee camp in Thailand, Nitaya came to America as in infant in 1986. The family moved from Minneapolis, to other locations in Minnesota, then North Carolina, before Nitaya returned to Minnesota in 2004.
 Nitaya’s drive to succeed flourished in high school, where she became a National Beta Club member (recognizing academic achievement, leadership, character, and service), was selected to the Honors A Capella Ensemble as a freshman, and graduated as a North Carolina Scholar.
 Currently, Nitaya works full time in an office setting while attending Normandale Community College. Her goal is to attend the University of Minnesota’s Carlson School of Management to obtain a degree in Finance.
 Nitaya is from Laos, and is bilingual. Her proudest accomplishment is becoming a homeowner in 2010. She and her brother in law support 10 family members, living in that home.
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/13 08:39】 | 歴史
【タグ】 ラオス  Lao  ミス・コンテスト  ベトナム戦争  難民キャンプ    
トラックバック(0) |
 ベトナム戦争の時にラオスは戦場になりました。
 これは、1962年に調印されたジュネーブ協定違反です。

 ジュネーブ協定は、ラオス中立宣言を承認し、これに違反しないことを宣言しています。
 これに伴い、外国軍隊の撤退、停戦の監視などについて規定されています。

 協定の参加国は14カ国で、ラオス王国、北ベトナム、南ベトナム、中国、ソ連、アメリカのほか、フランス、イギリス、カンボジア、タイ、ビルマ等が含まれています。

 アメリカは、インドシナ半島の共産化を阻止するために、ラオスで特殊戦争を拡大する必要がありました。
 そのため、ラオスで秘密裏に戦争を行いました。

 秘密戦争を暴露する1970年のニュースがYou Tubeに掲載されていましたので、以下に転載します。





【Bon appétit !】

 Background of the secret war in Laos

 The Geneva Conference established Laotian neutrality.
 The People's Army of Vietnam (PAVN), however, continued to operate in both northern and southeastern Laos.
 There were repeated attempts from 1954 onward to force the North Vietnamese out of Laos but, regardless of any agreements or concessions, Hanoi had no intention of abandoning the country or its Laotian communist allies.
 The North Vietnamese established the Ho Chi Minh Trail in the southeast of Laos and paralleling the Vietnamese border.
 The Trail was designed for North Vietnamese troops and supplies to infiltrate the Republic of Vietnam and to aid the National Liberation Front.
 The North Vietnamese had a sizable military effort in northern Laos, while sponsoring and maintaining an indigenous communist rebellion, the Pathet Lao, to put pressure on the Royal Lao Government.


FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/01/23 22:52】 | 歴史
トラックバック(0) |
モン族正月」
↑モン族の正月(2007年12月15日、ヴィエンチャン県)

元ラオス王国軍のヴァン・パオ将軍が、アメリカのカリフォルニア州で肺炎のため亡くなったとのニュ-スを聞き、驚いています。

ヴァン・パオ将軍は、ベトナム戦争中、ラオスを戦場にしたアメリカの秘密戦争に協力して、アメリカの身代わりとなって戦った人です。

1975年にアメリカの敗北が決まると、彼はアメリカへ亡命し、モン族の人々の精神的な指導者とされてきました。

現ラオスに残る民主主義反政府勢力の支えにもなっていて、2007年にはラオス政府転覆罪の嫌疑がかけられました。

ヴァン・パオ将軍が亡くなったことを契機として、現在微妙なバランスで封じ込められているラオス内の民主主義活動が、徹底的に弾圧されることが無いように期待します。


【Bon appétit !】

Vang Pao, Hmong Leader And General Who Led Secret War In Laos, Has Died

General Vang Pao, an iconic figure in the Hmong community and a revered former general in the Royal Army of Laos who led thousands of Hmong guerrillas in a CIA-backed secret army during the Vietnam War, died Thursday afternoon in Clovis, California after spending days in the hospital with pneumonia and a heart problem. He was 81.
Former CIA chief William Colby once called the general "the biggest hero of the Vietnam War" for the 15 years he spent leading a CIA-sponsored guerrilla army fighting against a communist takeover of the Southeast Asian peninsula.
After the communists seized power in Laos in 1975, Vang Pao immigrated to the U.S., where he was venerated as a leader by the Hmong refugee populations who brokered the resettlement of thousands of Hmong, an ethnic minority from the hillsides of Laos.
In 2007, he was charged along with nine others with plotting to use AK-47 rifles, missiles and mercenaries to overthrow the Lao government. Charges against him were later dropped.

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/01/08 22:15】 | 歴史
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。