癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中洲の先
乾季の中洲(左)でタイ(右)が間近↑(2008年1月26日、ビエンチャン)

 今は、2008年1月26日。

 今は乾季。

 メコン川の水位はかなり下がっています。

 ビエンチャンの町はメコン川に面していて、道路沿いの道から見ると、対岸のタイがすぐ近くに見えます。

 この頃は、水位が下がり、川の中洲が大きく現れてきています。

 道路から土手を下りて川の中洲に行ってみます。

 中洲はとても広くサッカー場がいくつも作れそうです。

 歩きにくい砂地のため、なかなか中洲の向こう側までたどり着けません。

 やっとの思いでたどり着くと、ボートが上流に向かって進んできました。

 対岸のタイはすぐそこです。



【Bon appétit !】

 鳥インフルエンザに用心

 Bird flu risk not to be sneezed at

 The Vientiane Health Department has advised vendors to be extremely vigilant(警戒を怠らない)and sell only healthy poultry, hoping to avert a bird flu outbreak after recent reports of the virus in other Asian countries.
 The warning comes as the Chinese and Vietnamese New Year approaches, when thousands of families will buy extra ducks and chickens for celebratory meals.
 The bird flu virus is typically prevalent during periods of cooler weather, so the department is calling for special precautions to be taken.
 Department Deputy Director General Dr Phonepaseuth Ounaphom told Vientiane Times yesterday that medical staff had been advised to closely monitor the number of flu cases reported before, during and after the New Year.
(17 January 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/01/22 09:01】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  Laos  ビエンチャン  メコン川  中洲  乾季  タイ  
トラックバック(0) |


うめきん
 今や,川岸と中洲がくっついてしまいました。
 川幅が狭くなったことによって,雨季にタイ側で洪水が起こったと言うこともなさそうですね。
 水位は高くなっていると思うのですが… 

うめきんさんへ
GKen
完全に川幅はせまくなったはずですので、雨季に水位が上がるのは間違いありません。今までは、ラオス側に洪水が起きていましたが、タイ側の冷静な対応を見ていると、今の堤防の高さもラオス側が低いということなのかもしれませんね。


コメントを閉じる▲
メコン川に沈む夕陽
メコン川対岸のタイに沈む夕陽↑(2008年1月15日、ヴィエンチャン)

 うめきんさんのブログによると、ヴィエンチャンメコン川沿いの屋台は、なくなったようです。

 少しだけ残っている屋台も、川岸と言うよりどうも道路わきと言う感じがします。

 ヴィエンチャンの楽しみの一つが無くなったようで、寂しく思います。

 でも、期待もあります。

 ラオス人のことですから、規制が変わろうと、メコン川の夕陽を眺めながらビールを飲むと言う幸せを捨てるはずがありません。

 またぞろ、屋台が出てくるのではないかと楽しみにしています。



【Bon appétit !】

犯罪撲滅に向かうラオス首相

 Social problems are on the rise in Laos, mainly in the form of criminal activities like robberies, illegal trade, prostitution, corruption, and drug abuse and trafficking, according to Prime Minister Thongsing Thammavong.
 Speaking at a meeting yesterday to discuss social problems prevalent in Vientiane, the PM called on the relevant sectors to actively combat negative phenomena in all forms and formulate approaches to ensure public security in the capital.
 Mr Thongsing said destructive elements have also tried to create problems, aiming to destroy national security by publishing incorrect information online relating to ethnic groups, religion, democracy and the country's management.
 He explained that social problems are due to various factors, one of which is a lack of responsibility on the part of some officials, who do not take these problems seriously.
 The PM accepted that while Laos has enacted a number of laws, law enforcement remains inadequate and some officials enforce the laws in an inappropriate manner.
(10 January, 2012)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/01/14 14:31】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  Lao  メコン川  屋台  ビール  夕陽  
トラックバック(0) |


うめきん
 本当に残念なことです…
 みんなの楽しみの1つだと思っていましたので。
 以前は,ごみが散らかるなどの問題があったのでしょうか?
 ちょうどUPしました。また見て下さい。

 ただ,屋台以外では,多くの市民が集まって来だしたことは,いいことだと思います。とは言え,なんか一部だけが変に都会っぽくなったのも,ちょっと…という気がします。

うめきんさんへ
GKen
書き込みありがとうございます。
2008年頃から屋台をなくす政府方針があると聞いていました。衛生面の問題もあると思いますが、土地の使用権の問題があったと記憶しています。
2009年頃から、突然、雑貨、衣類のテントが増えてきた時は、将来は、ルアンパバンのようなナイトマーケットをビエンチャンにも作るといううわさも流れていました。
いずれにしても今後どうなるか興味深いところです。



yoko
おはようございます。
以前の様子を知らない私ですが、メコンの護岸は、広々としていて開放感があり、すっきり綺麗なイメージです。早朝に掃除をしている人も見かけました。そして、散歩をする人、ジョギングする人、思い思いの運動をしている人々がいました。夜の屋台は、ほとんどメコン沿いでは目にしませんでしたが、別の奥の方のナイトマーケットには、沢山の屋台? 色々な食べ物が並べられているところがありました。 多分そのマーケットがメコン沿いにあったものかも知れませんね。
でも、メコンの夕日を眺めながら、ビアラオを飲みたいという気持ちは、お酒に弱い私でも良く分かる気がします。

yokoさんへ
GKen
そうですね、写真で見ると、とてもすっきりとした感じですね。とても奇麗でいいと思います。ただ、時代は進んでいきますのでいつまでも昔のことを思い出していても仕方ないのですが、夕陽を見ながらの屋台での食事があまりにも素晴らしかったものですから、どうしても懐かしくなっていしまいます。ラオス人の良さは変わらないでほしいと思います。書き込みありがとうございます。

コメントを閉じる▲
タートルアンをバックに
タートルアンをバックに↑(2008年12月24日、ヴィエンチャン)

 今は、2008年12月24日。

 タートルアンにやって来ました。

 黄金色の塔に太陽の光が反射して、照り返しがとてもまぶしく、いかにも黄金の塔と言う感じがします。

 地方から来た僧侶が記念撮影をしています。

 ラオスのシンボルと言えば、やはり、タートルアンでしょう。

 ビエンチャンのなだらかな丘の上に立つ高さ45mの黄金色の塔がタートルアンです。

 紀元前からこの場所に仏塔があったと言われていますが、本格的な建設が始まったのは、ルアンパバンからヴィエンチャンに遷都された16世紀と言われています。



【Bon appétit !】

 ラオスのGDP目標

 The Lao government has focused on the implementation of 7th five-year national socio-economic development plan (2011-2015) to ensure the balance between socio-economic development and environment, particularly land use, sustainable natural resource couple with the management and protection environments, said Mr. Somdy Douangdy, Minister of Planning and Investment.
 The government is now focusing on the GDP growth to increase by 8% per year till 2015.
 On average per capita income is US$1,700 per year to achieve the UN Millennium Goals (MDGs) and poverty reduction among people in 2015, which paved a concrete way to lift the country out of the ranks of least developed countries by 2020, said Mr. Somdy.
(KPL Lao News Agency December 19, 2011)





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/12/25 09:19】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  タートルアン  ヴィエンチャン  仏教    
トラックバック(0) |


yoko
こんばんは^^
無事、ラオスから戻ってまいりました^^
ラオスは思っていた以上に、見るものすべてが新鮮に感じ、すべてが、忘れられない経験となりました。
彼の家族とその親戚一同が介してバーシーの儀式をしていただき、本当に感激しました。
Gkenさんの説明のように本当にうれしい体験をしました。
私たちはもう彼の家族の一員となったようです。もちろん我が家では彼は既に息子だったのですが・・・・
この絆はこらからも、大切にしたいと思います。
今回の旅行に際しまして色々、ご解説していただきありがとうございました。


yokoさんへ
GKen
お帰りなさい。ラオスを楽しまれたようで嬉しく思います。バーシーの儀式をしていただいたとのこと、感激されたようで良かったですね。これで、yokoさんも真にラオス大好き人間の仲間入りですね。私も、ラオスから帰国して1年9ヶ月経ちます。またラオスで暮らしたいと思っています。来年もよろしくお願いします。


コメントを閉じる▲
メコン川のほとり学生
メコン川のほとりで憩いのひと時↑(2007年4月4日、ヴィエンチャン)


 今は、2007年4月4日。

 メコン川沿いの道を歩いています。

 太陽が、だいぶ西に傾いてきています。

 もうすぐ素晴らしい夕焼けが展開することでしょう。

 今は、乾季も終わりに近づき、メコン川に大きな中洲ができています。

 中洲の向こう側まで歩いていきますが、メコン川の本流が流れているため、タイまでは歩いて行けません。

 川のほとりで学生たちが三々五々過ごしています。

 男女のカップルも多く、幸せな雰囲気を周りに漂わせています。



【Bon appétit !】

 The end of Buddhist Lent: A time for joy!

 Almsgiving ceremonies marking the end of Buddhist Lent (Ork Phan Sa) on Wednesday saw thousands of devotees flocking to local temples with their offerings.
 Devotees offer food to monks to mark the end of Buddhist Lent yesterday.
 From early morning, almsgivers young and old dressed up in their finest silk before visiting temples to make merit before the start of the working day.
 One Vientiane resident said giving alms was her priority for the day as the offerings opened channels to her deceased relatives and allowed her to make merit.
 Lao cultural expert Mr Soutan Phonsongkham observed that this year more people were making offerings in order to make merit, despite economic pressures.
(13 October 2011)



FC2 Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

 【お知らせ】本ブログの姉妹ブログ「1人ひとりがVIP」(←クリックして下さい)(http://plaza.rakuten.co.jp/kokoronoyasuragi/)は、お陰さまで好評です。こちらもよろしくお願いします。





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/10/16 21:17】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  メコン川  夕焼け  タイ  
トラックバック(0) |


うめきん
 いいですね!
 私のブログでも,ヴィエンチャンのメコン川をUPしています。
 現在の工事の状況は,どうなのかが気になっています。


yoko
ほんとうに いい風景ですね。
でも、この頃より護岸の整備が進んでいるようです。
タイでの洪水のニュースを見ましたが、メコン川は大丈夫でしょうか?
12月に念願のラオス訪問が叶いそうなので、是非、メコンの夕日をゆっくり眺めてきたいです^^

うめきんさんへ
GKen
メコン川岸の工事は終わって公園のようになったと聞いていますが、この目で確かめたいものです。屋台のおじさんたちもどこに行ってしまったのか消息も知りたいものです。
ドンチャン村の辺り、それから、空港へ向かう方向の川沿いも見てみたいです。
私も早くまた行きたいです。


yokoさんへ
GKen
コメントありがとうございます。
12月行かれるのですね。羨ましいです。
夕陽をのんびりと眺める屋台があるのかどうか心配です。それに替る何かがあるのかどうか。
私自身1年半もラオスに行っていません。
早く行きたいです。


コメントを閉じる▲
船レストラン
丸太で支えられている船↑(2007年4月4日、ヴィエンチャン)

 今は、2007年4月4日。

 今朝は、が降りました。

 3月10日にヴィエンチャンに来てから、初めて経験する雨です。

 暫くすると本降り雨となりました。

 乾季もいよいよ終わりに近付いているのかもしれません。

 夕方、メコン川沿に沿って下流の方向に歩きます。

 乾季のため、メコン川の水量はかなり少なくなっています。

 メコン川には大きな中洲ができていて、中洲の両脇に水が流れています。

 中洲のタイ側水量く、こちらのラオス側の水量はそれほど多くありません。

 が一艘、川の中に取り残されています。

 川の水がないために、船底が完全に現れています。

 倒れないように周りから丸太棒で支えています。

 近づいてみると、船はレストランになっています。

 夕陽がメコン川に反射しています。

 のどかです。

 オレンジ色の光景に暫く見とれてしまいました。



【Bon appétit !】

 Xayaburi Dam

In April 2011, The Independent newspaper reported that Laos had started work on the controversial Xayaburi Dam on the Mekong River without getting formal approval.
 Environmentalists say the dam will adversely affect 60 million people and Cambodia and Vietnam - concerned about the flow of water further downstream - are officially opposed to the project.
 The Mekong River Commission, a regional intergovernmental body designed to promote the "sustainable management" of the river, famed for its giant catfish, carried out a study that warned if Xayaburi and subsequent schemes went ahead, it would "fundamentally undermine the abundance, productivity and diversity of the Mekong fish resources".
 Neighbouring Vietnam has warned the dam will harm the Mekong Delta, which is the home to nearly 20 million people and supplies around 50 percent of rice output, over 70 percent of seafood and 70 percent of fruit output of Vietnam.



FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/10/09 09:19】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  Laos  メコン川  夕陽  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。