癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝前記念撮影
滝の前で記念撮影するラオス人たち↑(2008年4月15日、パークソーン、チャンパサック県)

 ラオス南部最大の県はチャンパサック県。

 カンボジア国境に続くメコン川には4,000もの島が点在し、世界遺産ワット・プーがあることから、観光の拠点として人々が集まっています。

 東の方にはボラーウェン高原が広がり、世界一美味しいと言われる珈琲の産地となっています。

 ボラーウェン高原には分かっているだけで20以上の魅力的があり、観光客を集めています。

 観光による収入は、鉱業の次に大きなラオスの収入源となっていて、今年は、ラオス全体で300万人の観光客が来ることが想定されています。


【Bon appétit !】

 Tourists get back to nature in Laos

 Laos abounds with rainforests and waterfalls, making it an idyllic destination for nature-loving tourists from around the world.
 According to the Lao National Tourism Administration (LNTA), almost 3 million tourists are expected to visit Laos in 2011.
 The country’s south is rich in natural resources with scenic areas in Champassak province where visitors keen to get back to nature, experience a rural lifestyle and local culture and observe wildlife.
Particularly popular is the Vat Phou temple complex, a World Heritage Site, while Khonphapheng waterfall and other falls in the province are visited by growing numbers of people ever year.
The tourism sector is the second largest source of revenue in Laos after the mining industry, with about US$2.5 million generated from tourist entry fees last year.
Pakxong district in Champassak is not only famous for its coffee plantations but also the more than 20 waterfalls dotted around the area, the most scenic of which are Yeuang, Fane, Phasuam, and E-tu.
The climate here is pleasant all year round, with dry season low temperatures of 5-7 degrees Celsius and the wet season bringing minimums of 21 to 23C.
(Source: Vientiane Times, June 4, 2011)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/06/18 11:03】 | チャンパーサック県
【タグ】 ラオス  Laos  チャンパサック  世界遺産  ワット・プ―  メコン川  ボラ―ウェン高原    
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。