癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機織り娘
自宅で機を織る女性↑(2008年4月29日、ビエンチャン)

 今は、2008年4月29日。

 ビエンチャンの町から7km程東の方向にある村に来ています。

 この辺りの家は高床式の家が多く、床下で、動物を飼ったり、農機具を置いたり、台を置いてその上で食事をしたり、昼寝をしたりしています。

 村長の家に来ています。

 外から見ると、2階建の家です。

 しかし、一階部分は高床式家の床下をレンガで囲った作りになっています。

 一見すると2階建の家ですが、やはり高床式の家です。

 機織り機が入れてあり、女性が機を織っています。

 ラオスの地方の女性は、子供の時から機織りをしています。

 辺鄙な田舎に行っても、小さな子供が美しいのスカートをはいているので驚きます。



【Bon appétit !】

 ラオスでバイオ燃料プロジェクト始まる

 BioJet today announced formation of a strategic business and project relationship with Lao Asia Pacific Agriculture Promotion Import-Export Sole Company Limited (LAP). The Project involves biofuel production for land and air transport as well as bioenergy coproducts.
 It is planned to include 100,000 hectares of feedstock(供給原材料) production as well as refining/conversion facilities appropriate to the scale of feedstock supply. The Project follows the Mandate of the Renewable Energy Development Strategy for the country of Laos, and has letters of support from the Ministry of Energy and Mines.
 Under the agreement, BioJet will work closely with LAP to ensure optimal production conditions for sustainable biofuels and bioenergy to enable the joint venture, led by LAP, to become a major producer and exporter of biofuels and co-products to members of the Association of Southeast Asian Nations, wherein they have free trade, and other international buyers.
(April 26, 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/04/28 20:26】 | 経済発展
【タグ】 ラオス  Lao  高床式  機織り  ビジネス  ラム酒    
トラックバック(0) |
ラオスは高度経済成長 ??

 アジア開発銀行は、2011年のラオスの経済成長率8.1%と見積もっています。

 この割合で行けば10年経たないで倍以上の成長を遂げることとなります。

 1960年代の日本の高度経済成長が思い起こされます。

 一方で、インフレが問題になっています。

 燃料や食料の輸入価格の上昇がインフレの原因と言われていますが、私は、輪転機の回し過ぎだと思っています。

 経済成長率も、順調に伸びていくかどうか疑問が上がっています。

 一つは、産業がないこと、もう一つは、優秀労働力に欠けていることです。

 産業は、電力と鉱業に偏っています。

 私は、ラオスには国民総生産ではなくGNH国民総幸福量を考えてほしいと思います。

 自給自足的な、平和幸せなラオスのままでいてほしいと思います。

 先進国の悪しき例に追随しないよう切に願います。


【Bon appétit !】

 ADB raises Lao GDP forecast

 Laos will be able to maintain strong and stable economic growth this year despite increasing global uncertainty, according to the Asian Development Bank (ADB).
 The bank unveiled its annual publication Asian Development Outlook yesterday, which forecasts 8.1 percent growth for the Lao economy in 2011.
 This is higher than the previous projection of 7.7 percent because of the increasing export value of electricity and mining products.
 Despite strong growth, the ADB expressed concern over the growing inflation rate in Laos. The bank forecasted that Laos would experience 8.5 percent inflation due to the higher prices of imported fuel and food and continued credit growth.
 While economic growth in Laos remains strong it is driven by hydropower and mining and there is increasing concern about rising income inequality. Therefore, there is a need to diversify the country's economic base.
 The bank has provided large amounts of funding to the Lao government to develop vocational schools and if the country cannot supply a sufficient number of skilled workers, Laos would be forced to hire foreign nationals.
(September 15, 2011)



【1点物!】ラオス古布ロングブーツ23.5-25cm

【1点物!】ラオス古布ロングブーツ23.5-25cm
価格:8,400円(税込、送料別)



FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/09/17 22:03】 | 経済発展
【タグ】 ラオス  Lao  経済成長  所得倍増  高度経済成長  
トラックバック(0) |


うめきん
 ラオスは,今までの自給自足でのんびりとしたままでもいいと思います。
 昨今見られる無理な発展は,いかがなものかと,いつも思っています! 

うめきんさんへ
GKen
まったく同感です。
現にラオスでの生活の幸せを経験してきた自分としては、ラオスがいわゆる先進国のようにならないように願うばかりです。最近の発展は、貧困を作るだけで、一人ひとりの幸せにつながりません。

コメントを閉じる▲
ナムグムダム湖
ナムグムダムによりできた人造湖↑(2007年7月1日、ヴィエンチャン県、ラオス)


 東南アジアの経済成長は著しくなっています。

 そのため、電力需要が増加していて、今後も毎年5-7%の増加率が予想されています。

 ラオスは、タイやベトナム等に電力を売って、外貨を得てきました。

 今後さらに、東南アジアに電力を売る方針です。

 2011年から始まっているラオスの第7次社会経済開発5ヶ年計画によれば、10の水力発電所を建設することになっています。

 ラオスの水力発電は、2006年は10の水力発電所で700MWの能力しかありませんでしたが、今では、16の水力発電所で2,540MWの発電を行っています。

 対内直接投資も、水力発電分野に多く導入されています。

 投資計画省によれば、2001年から2009年の間に、40億ドルの対内直接投資が水力発電分野に投入されたということです。

 GDPの2倍相当額の対内直接投資があり、対内直接投資の34%が水力発電分野に投入されたことになるそうです。


【Bon appétit !】

 Laos Aims to Be the Hydropower Battery of Southeast Asia

 Laos, a landlocked country in Southeast Asia has one goal - to become the hydroelectric battery of a power-hungry region.
 Southeast Asia faces huge energy requirements, where growth will average 5-7 percent over the next 10 years.
 And Laos has a plan in place to meet this demand.
 Under the country's Seventh National Socio-Economic Development Plan for 2011-2015, the government intends to build 10 hydropower plants generating 5,015 megawatt of electricity, adding to its already growing stable of plants.
 In 2006, the country had 10 hydropower plants producing 700 MW. Today it has over 16 plants producing north of 2,540 MW.
 Foreign investment has also been pouring into this sector.
 According to data from the Ministry of Planning and Investment, between 2001 and 2009, $4 billion worth of foreign direct investment went into electricity generation. The investment makes up 34 percent of all FDI into the country.
 The amount of foreign investment coming into the country is almost twice that of GDP, and the majority is for hydropower.
(11 Aug 2011, CNBC Asia-Pacific)



FC2 Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

 【お知らせ】
本ブログの兄弟姉妹ブログ「1人ひとりがVIP」(←クリックして下さい)(http://plaza.rakuten.co.jp/kokoronoyasuragi/)は、お陰さまで好評です。こちらもよろしくお願いします。




FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/08/14 21:14】 | 経済発展
【タグ】 ラオス  水力発電  売電  
トラックバック(0) |
箒屋さん
箒屋さんの店先↑(2007年3月30日、サワナケート)


 今は、2007年3月30日。

 朝のサワナケートの街を散歩しています。

 向こうの方から長い自転車にくくりつけた子供たちがやってきます。

 これから、箒を売りに出かけるのでしょう。

 暫く歩いていると、店先に、たくさんの箒といろいろな大きさのおひつが売られていました。

 かごや籐の椅子もあります。

 箒は、種類によって柄や穂先の材質が異なります。

 竹やシュロ、草等いろいろなものがあります。

 おひつは、おこわを入れるもので、家庭の必需品です。

 食堂でカオニャオ(おこわ)をたのむと、1人用のおひつに入れてご飯が出てきます。

 箒やおひつはだれが作っているのでしょうか?

 お店の裏でこれらの箒やおひつを作っている所もありますが、どこかで作ったものを仕入れている店もあります。

 未確認ですが、おそらくベトナムやタイ製も入って来ているものと思われます。


【Bon appétit !】

 Lao cuisine

 Souligna Vongsa who united the LaneXang Kingdom from 1673 to 1694 made the distinction between the Lao and Vietnamese people as such.
 The people living in house on stilts and who eat sticky rice and Pradeck are Lao.
 Those living in houses built on the ground who use chop sticks and wear large pants are the Vietnamese.
 Most Lao eat sticky rice.
 After being steamed, the rice is kept in a basket called Tipkao in various areas.
 This basket is hand woven bamboo strips and comes in different colors, sizes and shapes.





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/07/18 18:36】 | 経済発展
【タグ】 ラオス  カオニャオ  おひつ    手工業  
トラックバック(0) |
カオピヤック
カオピヤック↑(2009年7月22日、ヴィエンチャン)


 最近、ヴィエンチャンの物価が上がっています。

 物価の上昇はここ数年の傾向ですが、最近目立つようです。

 私がラオスに住み始めた2007年は、カオピヤックは、5,000キープでしたが、今は、12,000キープほどになっているようです。

 確かに、2008年頃から、物の値段が目に見えて上がり始めていました。

 需要が急増したり、供給が減少しているとは思われません。

 人為的にラオス通貨の価値が高く設定されていますので、本来であれば輸入品ばかりのラオスの物価は下がっていいはずです。

 当時の私の結論は、通貨の過剰印刷です。

 2008年頃からラオス内ではドルによる決済が禁止されましたので、ドルは全てラオス通貨のキープを購入するために使われます。

 私も、それまでドルで支払っていた物をキープで支払わなければならなくなったので、それまで以上にドルをキープに替えました。

 皆がそのようにしているので、相当量のラオス紙幣印刷されたはずです。

 検証が必要ですが、今の価格高騰はその影響があると思っています。


【Bon appétit !】

 価格上昇

 Many restaurants in Vientiane are now informing their customers they have to up their prices.
 In major Vientiane markets, pork has risen from 25,000 kip to about 32,000 kip per kg over the past few months.
 Beef is now about 40,000 kip, up from 28,000 kip per kg over the same period.
 A noodle shop owner in the Nam Phou fountain area has put up the price of a bowl of noodle soup from 10,000 kip to 12,000 kip.
 Some restaurants have managed to fend off(かわす)a price rise, but have made changes in other areas.
 Some are trying to cut operating costs, while others are simply putting less food on customers’ plates.
 According to the National Statistics Bureau, inflation reached 7.73 in March.
 The Ministry of Industry and Commerce estimated that inflation would hit 8 percent in April, the month of a major festival and widespread partying.
 The main driving forces of inflation are rising fuel and food prices, according to economists at the Lao National Economic Research Institute.
 Many business operators say the surge in the price of cement in recent months is due to the short supply of construction materials.
 When the price of some goods rises, it affects the price of other products, especially food.
 This hits the general population hard, as food is the most essential item for every household.





FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/06/03 21:03】 | 経済発展
【タグ】 ラオス  物価  ドル  ファッション    
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。