癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラープ等の食事
典型的ラオスの食事↑(2007年3月30日、サワンナケート)

 今は、2007年3月30日。

 ビエンチャンから南500km程のサワンナケートの町にいます。

 お昼になったので昼食をとります。

 庭でたくさんのソーセージを干している食堂へ入ります。

 牛肉のハープ(こま切れ肉とハーブの炒め物)、牛肉の内臓のスープカオニャオ(おこわ)を注文します。

 野菜っぱ類は注文しなくても出てきます。

 牛肉のハーブは、生牛肉のものと、十分炒めた牛肉の2種類注文します。

 ラオス人が気を利かせて、生牛肉のラープを食べられないだろうからと私のために十分炒めたラープを注文してくれました。


【Bon appétit !】

 Lao Expert Blames Chinese Dams

 Chinese dams on the upper Mekong river are blamed for causing water levels to decline in the downstream areas in Central Laos.
 In a rare criticism, a Lao government expert has blamed dams in China for the latest drop in the Mekong River levels, saying it is impacting navigation along the key Southeast Asian artery and destroying fishing resources.
 Aside from the current dry spell in mainland Southeast Asia, Chinese dams on the upper Mekong river are causing water levels to decline in the downstream areas in Central Laos, including the Vientiane provincial area, a water resources expert at the Lao Ministry of Natural Resources told Radio Free Asia.

(30 March 2012)




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/03/31 21:46】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Lao  食事  ラープ  カオニャオ  
トラックバック(0) |


うめきん
 確かにラオス的ですね!!お腹が空いてきました。
 日本では,生肉が食べられない状況になってきていますが,こちらではOKですね。
 カオニャオもいいのですが,私はビールを飲むので,お腹が膨れてしまいます… 

うめきんさんへ
GKen
典型的なラオスの食事です。私は、ピンカイ(焼き鳥)、コイパー(魚のラープ)、ケンノーマイ(タケノコスープ)が好きです。
うめきんさんと一緒に川沿いの屋台で夕陽を眺めながらビールを飲みたくなりました。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。