癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 世界遺産に登録されているワットプー遺跡は、アンコール・ワットで有名なクメール王朝の発祥の地と言われています。

 ベトナム中部で今も100万人の人が継承しているチャンパー王国の遺跡でもあり、従ってヒンズー教の遺跡でもあります。

 毎年、2月の満月の日を最終日として、ワットプー祭りが盛大に行われます。
 2011年の今年は、2月14日から18日にかけて行われます。

 盛大な托鉢、ろうそく行列、灯ろう流し等が、ラオスのお祭りの常として行われます。
 今年はこれに加えて、ワットプー遺跡の保存に乗り出したインドに係る行事もあるようです。

 遺跡は、ラオスの最南端にあるチャンパーサック県の県都パークセーから40km位南の方角にあります。

 ワットプーへ行く新たな道路が開通するようです。

 道路そのものは、今年度後半開通予定ですが、とりあえず、今年のワットプー祭りまでに一部の共用を開始するようです。

 いつもの常で、ふたを開けてみなければ予定通り共用されるのかどうかわかりませんが、すぐ壊れるような道路を突貫工事で作ることのないようにしてもらえればと思います。


【Bon appétit !】

 Vat Phou Festival will be held from February 14 to 18

 The Public Works and Transport Service of Champassak province is speeding up the construction of a new shortcut road No 14 access to Vat Phou Champassak to complete basically for the upcoming celebration of the 10th anniversary of listing Vat Phou Champassak as a UNESCO world heritage site.
 The annual festival of the Khmer-styled stone Vat Phou temple in Champassak province, will be held from 14 to 18 February 2011.
 The road No 14 is a new road which links Khagnaeng village, Phonthong district, to Vat Phou Champassak.
 Visitors can set out from Khayaeng village to Vat Phou Champassak via this road.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/01/22 18:34】 | 暦、イベント日程
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。