癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船レストラン
丸太で支えられている船↑(2007年4月4日、ヴィエンチャン)

 今は、2007年4月4日。

 今朝は、が降りました。

 3月10日にヴィエンチャンに来てから、初めて経験する雨です。

 暫くすると本降り雨となりました。

 乾季もいよいよ終わりに近付いているのかもしれません。

 夕方、メコン川沿に沿って下流の方向に歩きます。

 乾季のため、メコン川の水量はかなり少なくなっています。

 メコン川には大きな中洲ができていて、中洲の両脇に水が流れています。

 中洲のタイ側水量く、こちらのラオス側の水量はそれほど多くありません。

 が一艘、川の中に取り残されています。

 川の水がないために、船底が完全に現れています。

 倒れないように周りから丸太棒で支えています。

 近づいてみると、船はレストランになっています。

 夕陽がメコン川に反射しています。

 のどかです。

 オレンジ色の光景に暫く見とれてしまいました。



【Bon appétit !】

 Xayaburi Dam

In April 2011, The Independent newspaper reported that Laos had started work on the controversial Xayaburi Dam on the Mekong River without getting formal approval.
 Environmentalists say the dam will adversely affect 60 million people and Cambodia and Vietnam - concerned about the flow of water further downstream - are officially opposed to the project.
 The Mekong River Commission, a regional intergovernmental body designed to promote the "sustainable management" of the river, famed for its giant catfish, carried out a study that warned if Xayaburi and subsequent schemes went ahead, it would "fundamentally undermine the abundance, productivity and diversity of the Mekong fish resources".
 Neighbouring Vietnam has warned the dam will harm the Mekong Delta, which is the home to nearly 20 million people and supplies around 50 percent of rice output, over 70 percent of seafood and 70 percent of fruit output of Vietnam.


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/10/09 09:19】 | ヴィエンチャン特別市
【タグ】 ラオス  Laos  メコン川  夕陽  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。