癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンラーパーソット
ラオスの魚料理↑(2007年4月12日、ヴィエンチャン)


 ラオス内陸国です。

 を食べる機会はないだろうと思っていると大間違いです。

 魚を実によく食べます。

 メコン川の魚や川や沼にいる魚はなんでも食べます。

 魚を食べたくなったので、タラートサオの横の道を下がってクービエン通りを行きます。

 しばらく行くと、魚料理の食堂があります。

 店先で、魚を焼いたりしています。

 たくさんの人で賑わっています。

 スープ、ラープ、ご飯をたのむ。

 スープは、ケーンソムパーと言って、少し酸っぱい感じがする魚のスープがどんぶりいっぱいに入って出てきました。

 タイの身が入っているように見えます。

 これが噂のテラピアかもしれません。

 ラープは、コイパーと言って、少し大きめの細切れ魚と香草を混ぜていためたものが出てきました。

 さらに、サラダが一皿。

 サラダには、キウリ、トウガラシ、葉物、草、木の葉、ミントなどのハーブ類が入っています。

 ご飯は、カオニャオと言って、もち米を蒸したおこわです。

 カオニャオは、小さなおひつに入って出てきます。

 ご飯を片手でつまんで、コイパーを包んでいただきまーす。

(2007年4月12日)


【Bon appétit !】

 Lao Food

 A distinctive dish of the Lao is laap.
 It is made with fish, chicken, duck, pork, beef, buffalo or with game.
 The meat and innards are finely chopped and spiced with onion, chillies. and other herbs such as mint.
 The Lao prefer laap seua, or “Tiger laap”, that is raw chopped meat.
 But most often you will be served laap of cooked meat, especially in restaurants.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/11/10 22:50】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス    メコン川  ラープ  コイパー  カオニャオ  もち米    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。