癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つき
餅つき↑(2008年12月23日、ビエンチャン県)

 今は、2008年12月23日。

 ヴィエンチャンの北150km程のところあるバンビエンから、ヴィエンチャンに向かっているところです。

 道端で、おをついている人がいます。

 モン族です。

 ラオスの主食は蒸したもち米、いわゆるおこわです。

 でも、お餅を食べる習慣はないようでヴィエンチャンではお餅を目にすることはありませんでした。

 でも、今日は違います。

 お餅つきをしています。

 良く見ると色のお餅をついています。

 赤米もち米を使っているようです。

 の形が四角であるところが興味深いです。



【Bon appétit !】

 Human rights group blasts Thailand's forced return of Lao refugee

 Human Rights Watch blasted Thailand Thursday for forcibly repatriating a Hmong refugee to Laos last week in violation of international law.
 Thai authorities handed over Ka Yang, a registered refugee with the UN High Commissioner for Refugees in Bangkok, to Lao officials December 17 on the Thai-Lao border.
 Ka Yang - a member of the Hmong ethnic minority group, who was recruited by the US military in large numbers to fight communist forces in the Indo-China war - was previously deported to Laos in 2009 but escaped and returned this year to Thailand, where he and his family were detained.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/12/24 14:35】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 ラオス  餅つき  モン族  民族  クロロプレン手袋    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。