癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルのあご
アヒルの焼いた骨付きあご肉を手に↑(2009年12月29日、ヴィエンチャン)


 今は、2009年12月29日。

 ヴィエンチャンメコン川沿いにあるスナックバーに来ています。

 アヒルあご肉を食べたことがあるかという話になり、私は食べたことがなかったので、店員がどこからかアヒルのあご肉を焼いたものを買ってきてくれました。

 カーンペットと呼ぶそうです。

 ラオスではアヒルは高級肉に分類されていて、その中でもアヒルのあごは最も美味しい部位の一つということでした。



【Bon appétit !】

 Japan cranks up provincial power links

 The Japan International Cooperation Agency (JICA) and the Lao government agreed last Friday to continue discussions regarding the construction of a 115kv transmission line and substations in Savannakhet and Saravan provinces.
 JICA reported that they had previously supported the construction of 115kv transmission lines and substations to deliver power to a 300km section between Pakxan district in Borikhamxay province and Pakbo village in Kaysone Phomvihane district, Savannakhet province, which was installed earlier this year.
 The new transmission line is expected to ease power shortages in Savannakhet and Khammuan provinces, improve reliability, ease brownouts(灯火管制、節電、電圧低下), and enhance rural electrification.
(27 December 2011)




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/12/29 12:25】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  Laos  アヒル  バー    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。