癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生牛肉ラープ等
カオニャオ、ラープ、スープ↑(2009年1月10日、ヴィエンチャン)

 今は、2009年1月10日。

 ラオス人が、牛肉を食べに行こうと誘ってきました。

 冷蔵施設その他衛生設備が整っていないラオスで生肉を食することは避けた方がいいので、少し迷いました。

 しかしながら、誘ってくれたラオス人によれば、今日行くことにしている食堂は、屠殺場のすぐそばにあり、菌が増殖する前に食べることができるので、安全と言われている所だそうです。

 疑問が無いわけではありませんが、とにかく一緒に行くことにしました。

 お店に入って早速注文です。

 生牛肉のラープ、調理した牛肉のラープ、牛肉の内臓スープ、カオニャオ(おこわ)を注文します。

 ラープは、肉とハーブ等を一緒に炒めたもので、典型的なラオス料理です。

 カオニャオは、もち米を蒸したもので、おこわです。

 生牛肉のラープは、とてもおいしくいただききました。

 とはいっても、例え、新鮮な牛肉を使用していても、その牛肉を運ぶ容器、料理するまな板等に菌が繁殖している可能性は相当高いと思いますので、生肉を食べることはお勧めできません。



【Bon appétit !】

 Laos to ramp up cattle exports

 The Laos Ministry of Agriculture and Forestry's Agriculture and Forestry Section plans to sell 1.4 million head of cattle to neighbouring countries by 2015, especially targeting export markets along the borders with Thailand and Vietnam.
 Currently, there are large demands for imported beef in hotels, restaurants, supermarkets and local markets, according to a recent report from the sector.
 If they can achieve their target by 2015, the export of beef will generate around 320 billion kip (US$40 million) in revenue for the local economy, giving a significant boost to rural development.
(Vientiane Times, 5 January 2012)




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/01/09 23:16】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Laos  ラープ  牛肉  生肉  料理    
トラックバック(0) |


うめきん
 日本でも,ユッケ,生レバー等が厳しい状況に動いていますが,それでも私は食べたいです。
 ラオスの生肉も,危ないかも知れませんが,やはり食べたいですね!! 
 確かに,生肉よりも,包丁やまな板,容器が気になりますね。

うめきんさんへ
GKen
私は、まったく気にしないでラオスでも生牛肉を食べていました。生ガキも食べました。まったく大丈夫でしたが、運が良かっただけかもしれません。やはり危険な気はします。どうしても食べたい場合は、現地のラオス人が食べるような方法、すなわち、トウガラシ、ニンニク、苦い葉っぱ、ライムなどを一緒に食べる方法で身を守れば大丈夫のような気がします。今度ご一緒できれば、生牛肉のラープ食べに行きましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 日本でも,ユッケ,生レバー等が厳しい状況に動いていますが,それでも私は食べたいです。
 ラオスの生肉も,危ないかも知れませんが,やはり食べたいですね!! 
 確かに,生肉よりも,包丁やまな板,容器が気になりますね。
2012/01/09(Mon) 23:55 | URL  | うめきん #fXzdHHnE[ 編集]
うめきんさんへ
私は、まったく気にしないでラオスでも生牛肉を食べていました。生ガキも食べました。まったく大丈夫でしたが、運が良かっただけかもしれません。やはり危険な気はします。どうしても食べたい場合は、現地のラオス人が食べるような方法、すなわち、トウガラシ、ニンニク、苦い葉っぱ、ライムなどを一緒に食べる方法で身を守れば大丈夫のような気がします。今度ご一緒できれば、生牛肉のラープ食べに行きましょう。
2012/01/10(Tue) 22:40 | URL  | GKen #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。