癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出家直前
出家式↑(2008年2月9日、ビエンチャン)

 今は、2008年2月9日。

 知人のお父さんが出家すると言うので、出家式に参加してきました。

 い袈裟を身に付けた人は、これから出家する人です。

 式の途中で、オレンジ色の袈裟になり、出家が完成します。

 ラオス仏教の国です。

 男子は、一生に一度以上出家します。

 身内が亡くなった時に出家する人もいます。

 出家者は妻帯できませんので、離婚してから出家しています。

 もちろん、俗世界に戻って来たときに元の奥さんと再度結婚します。

 女性は、托鉢僧に喜捨することで徳を積みます。

 子供を出家させることによっても徳を積みます。

 一ヶ月に4回(新月・上限の月・満月・下弦の月の日)仏さまの日があり、人々はお寺にお参りに行きます。

 私が良く訪れるベジタリアンレストランは、仏さまの日は混みあいますので、この日は避けるようにしています。



【Bon appétit !】

 Buddhism in Lao PDR

 The percentage of the population that adheres to Buddhism in modern Laos is variously reported, the CIA World Factbook estimates 65% of the total population have taken refuge in the Three Jewels.
 The creation of accurate estimates of the number of Buddhists in Laos is complicated by the paucity of information made available by the Laotian government, and the close connection between Buddhist and animist practices in Laos could make the numbers of nominal adherents of both Buddhism-Animism as much higher as over 90% because these traditions have influenced on mostly Lao people.
 It is still exclusive significant numbers of Chinese or Vietnamese Mahayana(大乗)Buddhists.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/02/12 20:05】 | 宗教
【タグ】 ラオス  Lao  出家  仏教  托鉢  喜捨    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。