癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会
カトリック教会↑(2007年3月29日、サワンナケート)

 ラオス人の多くは敬虔な仏教徒です。

 また、アニミズム信仰も普及しています。

 一説によると、仏教徒が6割強、アニミズムが3割強となるそうですが、仏教とアニミズムはかなりダブっていて、9割以上が仏教プラスアニミズムのように感じます。

 ラオスでは、キリスト教は、信仰の自由はありますが、普及の自由はありません。

 ヴィエンチャン市内は、普及が大目に見られていますが、それも市内から15km位離れると規制されているような感じがします。

 そんな中で、北部ラオスにおけるカトリックの司祭の聖職位を授ける叙階式が40年ぶりに開かれるというニュースが流れました。

 昨年の12月以来延び延びになっていましたが、2011年1月29日に行われたこととなっています。

 正式な情報はまだありません。

 ラオス北部では叙階式は1970年2月行われたのが最後で、その後、宣教師は国外追放となっていました。

 今回の叙階式は、目立たずに行うことを条件にラオス政府から許可が下りたと聞いています。


【Bon appétit !】

 The first ordination in forty years in northern Laos

 The first ordination in forty years in northern Laos will be celebrated on January 29, 2011.
 It was to have been held December 12, 2010 but was delayed by almost two months. The new priest, Pierre (Peter) Buntha Silaphet, is thirty years-old, was born in Phnom Van (Sayaboury - Northern Laos) and belongs to the K'Hmù ethnic group.
 The apostolic administrator, Mgr. Tito Banchong, received all the necessary permits from the authorities to celebrate this event.
 Unofficially, it has been made clear to those involved that the ordination ceremony must not attract too much attention, and instead take the form of a village holiday.
 The government is closely monitoring the activity of church life and Christian minorities. There are 39,725 Catholics, representing 0.65% of the Lao population.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/01/30 10:39】 | 宗教
【タグ】 Laos  キリスト教  宗教  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。