癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お粥屋常連
お粥屋さんの店先↑(2007年4月22日、ビエンチャン)

 今は、2007年4月22日。

 早朝、お粥屋さんに来ています。

 ラオスでの朝食は、お粥屋さんで食べることが多く、今日は、映画館跡に店を出しているお粥屋さんに来ています。

 常連の客さんと同席させてもらいます。

 食べ放題のもやしをお粥に入れ、ライムを絞ります。

 たまには、唐辛子を加えることもあります。

 揚げパンをハサミで小さく切ってお粥に入れて食べることもあります。

 近くのテーブルの人たちは、グループで来ているのでしょうか、賑やかにお粥を食べています。



【Bon appétit !】

  Laos Please Don't Rush

 The old-fashioned pace of life is becoming an important resource of its own, charming visitors jaded with more modern capitals.
 On the first day of Pi Mai Lao, or Lao New Year, the capital Vientiane wakes up to the sound of Buddhist monks chanting in the ancient Pali language as women in traditional silk skirts gather at dawn to offer alms to monks in orange coloured robes.
 Phonesavanh Xaypanya, 63, is one of them. Together with her five-year-old grand-daughter Malaythong she kneels down to offer homemade sticky rice wrapped in banana leaves.
 “I'm offering food to wish for good health and success this New Year,” said Phonesavanh. “This is an auspicious day to offer food and receive blessings.”
(19 April 2012, Reuters)


ラオス発行インド象6種

ラオス発行インド象6種
価格:770円(税込、送料別)



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/04/22 08:02】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Lao  お粥  朝食  切手  ビアラオ    
トラックバック(0) |


うめきん
 お粥は,ダシがきいていて本当においしいですね。
 日本では食べることがないですが,こちらではちょくちょく食べます。

うめきんさんへ
GKen
書き込みありがとうございます。
お店によっていろいろな味のお粥があるので、いろいろな店のお粥を食べる楽しみがあります。開店時間も、朝だけの店、夜だけの店等有り面白いです。
日本では、お茶漬けはありますが、気軽に食べられるお粥はありませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 お粥は,ダシがきいていて本当においしいですね。
 日本では食べることがないですが,こちらではちょくちょく食べます。
2012/04/22(Sun) 22:42 | URL  | うめきん #fXzdHHnE[ 編集]
うめきんさんへ
書き込みありがとうございます。
お店によっていろいろな味のお粥があるので、いろいろな店のお粥を食べる楽しみがあります。開店時間も、朝だけの店、夜だけの店等有り面白いです。
日本では、お茶漬けはありますが、気軽に食べられるお粥はありませんね。
2012/04/23(Mon) 21:54 | URL  | GKen #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。