癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートから見た川岸の風景
ボートから見る川岸↑(2008年5月7日、サワンナケート県)

 今は、2008年5月7日。

 ビエンチャンから南に500km程の所にあるサワンナケートの町に来ています。

 今日は道路が通っていない村に行くことにしています。

 唯一交通手段は、ボートです。

 ボートに乗って、メコン川の支流を遡ります。

 まだ雨期に入ったばっかりですので、水量はそれほど多くありません。

 川岸には、乾季の時に作られたがまだ十分使われています。

 もうすぐ水量が増えるとこれらの畑は水没し、半年後には肥沃な畑に生まれわります。

 ボートに乗って投網を持っている人がいます。

 投網を投げるつもりだったようですが、我々のボートが来たのでこちらを見ています。

 岸辺には、何人かいます。

 自家用ボートに乗って畑仕事に来ているようです。



【Bon appétit !】

 チャンパサックで聖なる木が倒れる

 Champassak provincial authorities have been bombarded with requests from concerned locals to rescue a sacred manikhoth tree - a holy tree in Buddhist tradition - from being swept away by the Mekong River after it toppled over last month.
 The tree stood on a rock in the middle of Khonephapeng waterfall, the thunderous 10km wide falls in southernmost Champassak province, near the Cambodian border.
 The uprooted manikhoth tree lies in the Mekong River.
 The fallen tree is still partly on land while some of the trunk lies in the river, and locals fear the holy tree will be swept away by the strong current.
 Locals want the authorities to lift the tree out of the river and display it appropriately as a cultural relic.
 According to local media, the tree fell on March 19, which has sparked public reaction as far north as Vientiane because of its perceived supernatural powers.
(30 April, 2012)




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/06 20:07】 | 道路、交通
【タグ】 ラオス  Laos  サワンナケート  ボート  乾季  雨季    
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ボートから見る川岸↑(2008年5月7日、サワンナケート県) 今は、2008年5月7日。 ビエンチャンから南に500km程の所にあるサワンナケートの町に来ています。 今日は道路が通っていない村に行くことにしています。 唯一の交通手段は、ボートです。 ボートに乗って、メ?...
2012/05/07(Mon) 20:39:39 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。