癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈りの風景
稲刈りの風景↑(2008年5月8日、サワンナケート県)

 今は、2008年5月8日。

 ビエンチャンの南500km程の所にあるサワナケート県、サイブリー郡の村に来ています。

 今は、稲刈りの真っ最中です。

 この時期に稲刈りができる田んぼは、灌漑施設が整っている地域に限られます。

 雨季の終わりの10月頃はどこでも稲刈りができますが、乾季の終わりの今は、水田面積の1割くらいしか作付されていません。



【Bon appétit !】

 ラオス猛暑電力消費増加

 Electricity consumption in Vientiane reached a record high in March after several days of high temperatures in the city.
 A peak load of 216.7MW was recorded on March 19 when the maximum temperature that day was 34.2C.
 “The reason for the high load was the greater use of electrical equipment, especially fans and air conditioners,” said Deputy Director General of Electricite du Laos for the Vientiane Region, Mr Soukhonh Chanthone.
 Temperatures rose to 35.8C on March 23, and then to 38.2C on April 25.
 One major retailer of air conditioners said workers were installing about four 4,800 BTU air conditioners every day. Last year, some 20 large retailers and other small businesses installed an estimated 45,000 air conditioners in Vientiane.
 The heat has also resulted in a higher demand for ice. Some ice makers have installed more refrigeration units and are running them for longer to keep pace with demand. Many factories and offices have also installed water coolers for their staff which has also added to the load.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2012/05/09 21:06】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  稲刈り  水田  灌漑  乾季  農業  電力  猛暑  
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
稲刈りの風景↑(2008年5月8日、サワンナケート県) 今は、2008年5月8日。 ビエンチャンの南500km程の所にあるサワナケート県、サイブリー郡の村に来ています。 今は、稲刈りの真っ最中です。 この時期に稲刈りができる田んぼは、灌漑施設が整っている地域に限られま?...
2012/05/09(Wed) 23:39:24 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。