癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ
背びれを見せて泳ぐメコン川のイルカ↑(2008年4月14日、チャンパーサック県)

 メコン川にはイルカが泳いでいます。

 ラオス南部、カンボジア国境辺りのメコン川でその姿を見ることができます。

 イルカが現れる時間帯に行くと、何頭も姿を表しますが、今や絶滅危惧種となっています。

 今は、2008年4月14日。

 夕方になるとイルカ現れると地元の人が教えてくれたので、その時間帯にボートでカンボジア国境付近に来ます。

 この辺りのメコン川は国境を横断しているため、そのまま下流に行くとカンボジア領に入ってしまいます。

 国境のすぐ手前にある周囲30m程の小島に上陸してイルカを待ちます。

 暫く見ていると、あちこちでイルカの背びれがスーッと通り過ぎて行きます。

 つがいのイルカもいます。

 水面上にジャンプするイルカは見当たりません。

 のんびりしていて、至福の時間が過ぎてゆきます。


【Bon appétit !】

 Laos further protects Irrawaddy dolphins、Jan 30 2010

 In collaboration with Japanese experts, the Livestock and Fishery Department has sent a team of experts to conduct an in-depth survey on the habitat of Irrawaddy dolphins and their population at the southern tip of the Mekong River in Laos.
 The survey will pave a way to further implementing the Irrawaddy dolphin conservation living in the Mekong River, which stretches from Done Sahong Island and Hangsadam villages in Veunkharm area, Khong district, Champassak province.
 The Lao and Japanese experts are now surveying the real number of population of Irrawaddy dolphins in the Mekong River between Done Sahong and Hangsadam in Veunkharm area.
 From the previous information, there were around 60 Irrawaddy dolphins in Veunkharm.

関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/02/06 15:49】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 川イルカ  ラオス  絶滅危惧  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。