癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパバンの街
ルアンパバンの街並み↑(2008年2月2日、ルアンパバン)

 旅行業界のオスカーと言われるWorld Travel Awardで、ルアンパバンが第1位に選ばれました。


 2011年2月3日、在フランスラオス大使に対して賞が贈呈されたそうです。

 ベトナムのホイアン (←クリックして下さい) が次点、東京が3位ということです。

 ルアンパバンは、ラオスの古都

1975年の社会主義革命までは、王様が住んでいたところです。

 町中にはたくさんの寺院があります。

 ルアンパバンは、通りの向こうから歩いてくるオレンジ色の袈裟に身を包んだ僧侶の群れが一斉にこちらに向かってくる景色で朝が始まります。

 托鉢です。

 道端にひざまずいて僧侶たちにお布施をする村人 (←クリックして下さい) たちの姿を見ていると、1975年の社会主義革命で一旦は否定された仏教を守る人々のたくましさに感動します。

 1995年に世界遺産に登録されて世界の注目集める小さな山間の街となりましたが、古き良き時代の姿をこれからも失わないようにしてもらいたいものです。


【Bon appétit !】

 Luang Prabang crowned World’s Top City

 A representative of the Lao Embassy in France representing Luang Prabang province of Laos on Feb 3 received the Top City award at the World Travel Award ceremony held in London by the UK-based tourist magazine Wanderlust.
 Wanderlust decided to award Top City title to Luang Prabang of Laos based on the votes by its readers.
 The UK magazine ranked Hoi An in Vietnam the first runner-up and Tokyo of Japan the second runner-up of the Top City category.
 Situated in northern Laos, Luang Prabang is the former royal capital of the Kingdom of Lane Xang (one million elephants), blessed with traditional way of life, rich heritage of architecture and culture.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/02/11 11:24】 | ルアンパバン県
【タグ】 ラオス  ルアンパバン  托鉢  世界遺産  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。