癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュンマリー
チュンマリー国家主席(右)↑(出典:Vientiane Times)


 2011年3月17日から21日の日程で、ラオス人民革命党の第9回党大会が開かれました。

 全国191,700人の党員の代表576名が集まって、第7期社会経済5カ年計画(2011~15年)等の協議が行われました。

 最終日の21日には、党中央員選挙が実施されました。

 ラオス人民革命党による一党独裁体制ですので、党順位1番の者が国家主席(大統領になります。

 今回の選挙では、当選者61名に対して69名が立候補しました。

 現在国家主席のチュンマリー・サイニャソーンは、党順位1番で、再選を果たしました。

 昨年突然首相を辞めた党順位7番のブアソン・ブンパワンは、今回名前が出てきません。落選したのか、立候補していないか分かりません。

 どなたかご存知でしたら教えて下さい。


【Bon appétit !】

 Choummaly retains Lao leadership on final day of National Congress

 Choummaly Sayasone was re- elected as Secretary General of the Lao People's Revolutionary Party (LPRP) at the close of the 9th National Party Congress here on Monday.
 It was announced that the incumbent Secretary General and President of Laos would continue for a second term at the head of the Party in a ceremony at the headquarters of the Party Central Committee in the Lao capital.
 In his keynote speech at the close of the Congress, Choummaly noted the success of the event and its importance in helping the party lead future development in Laos, saying "the Party will enhance its leadership example and ability to innovate."
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/03/23 01:05】 | 政治
【タグ】 ラオス  選挙  大統領  人民革命党  独裁  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。