癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水かけ
正月は水かけ祭りだ!↑(2007年4月14日、ヴィエンチャン)

 ラオスは、いよいよ正月に突入です。

 今年の正月は、4月14日から16日。

 とはいっても、正月休みは寸前にならないと実際のところはわかりません。

 口コミで伝わりますので、日にちは、人によってバラバラです。

 多くの場合、3日間の正月を挟んで、その前後が休みに指定されます。

 今年の場合は、4月10日から17日を正月休みと理解している人がかなりいますが、4月14日から19日が正しいと言う人もいます。

 水かけ祭りは、14日から16日にかけて行われます。

 道を歩いていると、全身ずぶぬれになりますので、カメラなどはビニールなどに入れておく必要があります。


【Bon appétit !】

 Lao New Year

 Lao New Year is the most widely celebrated festival in Laos.
 When the Lao people first emigrated from southern China, Lao New Year was celebrated according to the Chinese Lunar New Year calendar.
 Since settling in mainland Southeast Asia, the Lao have adopted the new year's traditions of the Khmer and Mon-Burmese people, based on the calendar and traditions of India.
 Lao New Year takes place in April, the hottest time of the year in Laos, which is also the start of the monsoon season. Lao New Year takes place at roughly the same time as Songkran in Thailand and Chaul Chnam Thmey in Cambodia.
 Water is used for washing homes, Buddha images, monks, and soaking friends and passers-by.
 Tourists that plan to travel to Laos during the New Year are advised to be prepared to be soaked.
 This has an important role in Laotian culture - they are not only wishing a long and healthy life for themselves, they are also wishing the same for others.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/04/09 09:02】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 水かけ祭り  正月  ラオス    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。