癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春雨麺
春雨麺↑(2010年3月8日、ヴィエンチャン)


 を食べることは、ラオスでの楽しみの一つです。

 さまざまな麺があり、味もいろいろです。

 新しい店に入ると、新しい麺が発見できます。

 伝統的な米粉麺のフー

 うどんのような米粉麺のカオピヤックセン

 からし味噌が入っている米粉麺のカオソイ

 ソーメンのような米粉麺カオプン

 かた焼きそばのようなミーコープ

 焼きそばのミークワ等々。

 細い麺から幅広の麺までいろいろ。

 そうした中で、ほとんど口にしなかった麺が、春雨のような麺。

 あまり、見かけなかったような気がしますが、気にし始めてからは見かけるようになりました。

 ミーミヤンとか呼んでいたような気がしますが、はっきりしません。

 どなたかご存知の方いたら教えて下さい。


【Bon appétit !】

 Feu

 One of the most popular ordinary meals eaten by the Lao is a dish of Vietnamese origin, feu.
 This is an economical combination of vermicelli in hot soup filled with meatballs.
 It is served with a dish of vegetable leaves which you tear up and stir into your feu according to taste.
 A Lao will pour in a large helping of fish sauce, chilli sauce and sprinkle it with sugar.
 But all of this is according to personal taste.
 If you are on the road and stop at a wayside eatery, this is usually all that will be available.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/04/22 23:06】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス    春雨  カオピヤック  フー  カオソイ  カオプン  ミー  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。