癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふいご火起こし
ふいごの機能を持つ手動ファン↑(2007年3月23日、ルアンパバン)


 食堂の裏にある厨房では、火起こしに大忙しです。

 炭の火をおこし、火力を強めるためふいごが使用されます。

 この食堂では、手でハンドルを回すと、ファンが回りだし、風が送りだされる装置を使っています。

 手でハンドルを回すと、炭火真っ赤になり、火力が強まります。

 鍋に入れるアヒルは、向こう側でしめている最中です。


【Bon appétit !】

 Laotian meals

 Laotian meals typically consist of a soup dish, a grilled dish, a sauce, greens, and a stew or mixed dish (koy or laap).
 The greens are usually fresh raw greens, herbs and other vegetables, though depending on the dish they accompany, they could also be steamed or more typically, parboiled(半ゆでにする).
 Dishes are not eaten in sequence; the soup is sipped throughout the meal.
 Beverages, including water, are not typically a part of the meal.
 When guests are present, the meal is always a feast, with food made in quantities sufficient for twice the number of diners.
 For a host, not having enough food for guests would be humiliating.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/05/04 22:21】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  ふいご  炭火  火起こし  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。