癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Festival
フェスティバル↑(2010年2月26日、ヴィエンチャン)


 私は、2008年3月18日に在ラオスドイツ大使館の施設で行われた映画祭りで初めてラオス映画を見ました。

 その時の映画は「Road to the future」、「Slow city vientiane」、「Pierre-Pierrot」の3本の短編映画でした。

 どれも、ラオスの歴史文化を知るとても貴重な映画でした。

 「Road to the future」は、タイで一旗揚げようと出稼ぎに行ったラオス人たちが、搾取され、ひどい目に会い、ラオスに戻って来ると言うラオス人民革命党が喜びそうな映画でした。

 「Pierre-Pierrot」は、1975年に共産党が人民を開放した混乱時に、フランスとラオスに生き別れとなった双子の兄弟の足跡と現在を語る映画で、全く違う二人の人生に今のラオスが抱える課題を浮き彫りにしていました。

 その後、2009年にヴィエンチャンで第1回インターナショナル・フィルム・フェティバルが開催されました。

 来る2011年5月12日~15日、2回目となるインターナショナル・フィルム・フェティバルがヴィエンチャンで開催されます。

 ラオスの映画に注目です。

 ラオスの伝統、文化を知るチャンスです。

 ドキュメンタリー、子供向け映画、漫画、長編映画等が80本程上映されると言うことです。

 各国スポンサーとなってこのフェスティバルを支援していますが、日本は前年ながらスポンサーには入っていいないようです(未確認です)。

 今からでも間に合いますので、この機会にラオスへ行ってみませんか?


【Bon appétit !】

 The 2nd Vientianale International Film Festival

 Eighty films will be screened during the 2nd Vientianale International Film Festival at the National Cultural Hall on May 12-15 from 12:30 PM to10:30 PM.
 Film industry played a key role in every country, mainly in term of promoting the traditions, culture and ways of life of people in those countries.
 The film festival is aimed at promoting the Lao films portraying the Lao traditions and culture and those of countries in Southeast Asia and Europe.
 The Vientianale Film Festival was launched in 2009, featuring more than 20 locally-produced short films and a selection of international productions.
 This year, the festival will feature more than 80 shorts, documentaries, children’s films, animated film and full-length features and award three prizes: Open Entry, Short Film and Rising Star.
 Besides to the film showing, there will be a concert featuring many rock singers including Aluna on Saturday, May 14.
 The event is supported by the European Union, Embassy of German in Laos, Embassy of the United States of America, Goethe Institute, Banque Franco-Lao Ltd, Embassy of Switzerland, Singapore, Myanmar, Cambodia, Australian, France Institute, DVV International, Beer Lao, DAAD, PADETC, and Lao Telecom.
 The entry for the festival is free. (Source: KPL Lao News Agency)
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/05/07 10:08】 | 伝統行事、祭り
【タグ】 ラオス  映画  文化  伝統  
トラックバック(0) |


うめきん
 この宴会の形,私は何回も参加しました。
 ビールの回し飲みは,キツイですが… 

うめきんさんへ
GKen
ビールは注ぐ人が一回りすると、次の人に変わるのでたくさん飲むことになりますね。女性を含めラオスの人はたくさん飲みますね。
写真の宴会は、私の同僚のラオス人の家の庭に敷物を敷いて行いました。ご案内の通り、いつものことながら知らない人も交じるので面白いです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 この宴会の形,私は何回も参加しました。
 ビールの回し飲みは,キツイですが… 
2011/05/14(Sat) 11:01 | URL  | うめきん #fXzdHHnE[ 編集]
うめきんさんへ
ビールは注ぐ人が一回りすると、次の人に変わるのでたくさん飲むことになりますね。女性を含めラオスの人はたくさん飲みますね。
写真の宴会は、私の同僚のラオス人の家の庭に敷物を敷いて行いました。ご案内の通り、いつものことながら知らない人も交じるので面白いです。
2011/05/15(Sun) 10:11 | URL  | GKen #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。