癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭先のあひる
放し飼いのアヒル、七面鳥↑(2007年3月28日、カムアン県)


 ラオス焼き鳥は美味しい。

 道端のあちこちで、半身の鳥がまるごと炭火で焼かれています。

 たれのようなものをつける場合もあります。

 焼かれた鳥の身を手でちぎって食べます。

 身は引き締まっています。

 トウガラシやからし味噌と一緒に食べると、違った味が楽しめます。

 ラオスの焼き鳥が美味しいのは、ブロイラーがいないからです。

 全て、放し飼いの鶏です。

 地鶏のブランドもあり、私は、ピンカイ・ナーポンが大好きです。

 ビエンチャンの南部にワラワン県ナーポンの焼き鳥で、特に美味しい。

 皆さんにも味わってもらいたいと思います。

 ラオスに行かれた時は試してみて下さい。


【Bon appétit !】


 The price of pork in markets in Vientiane and the provinces rose further last week as a result of the continually rising cost of animal feed.
 The price of pork in Vientiane rose from 33,000-35,000 kip per kg to 36,000-38,000 kip, according to a report from the Vientiane Industry and Commerce Department.
 The sale price of pigs at farms has increased from 19,000 kip to 21,000 kip per kg, Vanith Farm owner Mr Khampho Thongmany told Vientiane Times yesterday.
 The higher oil price in global markets has impacted transport costs in Laos and therefore the prices of many products.
 Most animal feed used in Laos is imported from neighbouring countries, mostly Thailand, and is costing farmers more than ever before, Mr Khampho said.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/05/15 23:15】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  焼き鳥  ピンガイナーポン  炭火  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。