癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡事務所の牛
牛と郡農林事務所↑(2007年3月29日、サワナケート県)


 今は、2007年3月29日。

 ヴィエンチャンから500km程南にあるサワナケート県にいます。

 サワナケートの街から車で2時間程離れたところにある郡に来ています。

 農林事務所の建物にがやってきました。

 牛にとって農林事務所は憩いの場のようです。



【Bon appétit !】


 Hongnanglin (Small Room) Café, located near Simeuang Gas Station, is one popular place where young people congregate after finishing their studies or work.
 The café specialises in sumptuous crepes, but also offers up fruit salad, shakes and fresh coffee, as well as an extensive lunch menu.
 The owner, Nilinthone Sacklokham, who is also the Academic Officer at the Minis try of Education, said she opened the cafe to fulfill a personal dream and in order to provide more culinary options for Vientiane residents.
 She named the eatery Hongnanglin because her vision was to create a small room where people could come to relax, read, chat and meet friends while enjoying her tasty crepes.
 Hongnanglin is the first dedicated crepe café in Vientiane, and unlike other bakeries or restaurants it provides a wide range of crepes.
 Its menu is unique as Nilinthone and her sister, who is also a shareholder, have created the dishes by adjusting French and Japanese recipes into a Lao style, using their experiences from a bakery course they took in Thailand.
 They also use local ingredients in all their dishes rather than importing them .
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/05/21 08:58】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  サワナケート      
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。