癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下の2匹の豚
家に上がる梯子と床下の豚(2007年3月29日、サワナケート)


 今は、2007年3月29日。

 ヴィエンチャンの南500km程の所にあるサワナケート県に来ています。

 高床式の家の床下で、が2匹います。

 地面を鼻で匂いをかいだり掘ったりしています。

 暑い日でも、高床式住宅の床下は、が吹き抜けて過ごしやすい場所となります。

 縁台を置いて、食事をします。

 縁台の上で横になったり、ハンモックをつって昼寝をしたりします。

 織機を置いて機織りをしていることもあります。

 動物を飼う場所にしていることもあります。

 高床式の家には、外から梯子をかけて登ります。

 夜はその梯子をはずしますので、安全性も保てます。

 雨季に出水することもありますので、高床式にしていれば洪水が起こっても大丈夫です。


【Bon appétit !】

 A LAO VILLAGE HOUSE

 A Lao house is built on stilts and one must climb steps or a ladder to get inside.
 Lao villages are often built near rivers and streams that sometimes flood in the rainy season.
 Building the house on stilts protects against mud and floods.
 Usually there is a front porch and a clear space inside under the roof but open to the street.
 Sometimes there is a room or two walled off at the back or side of the house.
 Because the weather is so hot, an open house that lets lots of air flow through is good.
 The animals are kept in pens under the house.
 There may be a bamboo bed under the house as well for sitting during the heat of the day.
 Often there is a loom(織機)for weaving cloth.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/06/19 22:11】 | 家、建築
【タグ】 ラオス  Laos  高床式  建築    ラオシルク  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。