癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

091003夜のヴィエンチャン
夜のヴィエンチャン↑(2009年10月3日、ヴィエンチャン)


 ラオスは、温厚な人が多いので、犯罪はほとんどありません。

 ラオス人が温厚であることは空港を降りてすぐ感じます。

 空港を降りても、我先にと寄ってきて、荷物を運ぼうとしたり、道案内をして、日銭稼ぎをしようとするようとする人はいません。

 自動車も、クラクションを鳴らすことはほとんどなく、とても静かに走っています。

 みな、にこやかで笑顔にあふれています。

 当局によれば、薬物の蔓延等の影響で一般犯罪は凶悪化傾向にあると言うことで、被害者にならないよう気を付ける必要はありますが、生活していて恐怖を感じることは全くありません。

 真夜中頃までは、子供も女性も町中を普通に歩ける状況です。

 ベトナム戦争の後遺症で、反政府勢力がバスやトラックを襲撃すると言うことがありますが、特定の地域での示威活動ですので、その地域へ行くことを避けるようにすれば問題はありません。

 報道によると、2010年におけるラオス国内での刑法犯件数は2,572件(2009年は4,226件)、内ヴィエンチャンでの件数が約半分となっています。

 ヴィエンチャン特別市での強盗の件数は2010年36件、2011年は4月までで26件となっています。

 交通事故は毎日のように目にします。

 2011年5月までの高事故発生件数は3,024件、うち死者444名、負傷者4,439人となっているそうです。

 交通事故の被害者になる可能性は高いので、十分な注意が必要です。


【Bon appétit !】

Crime in Laos

We advise you to exercise caution and monitor developments that might affect your safety in Laos. Pay close attention to your personal security and monitor the media for information about possible safety or security risks.
 An increase in violent crime such as robbery, rape and sexual assault, including in Vientiane, Vang Vieng and in the city of Luang Prabang, has been reported.
 Violence, including bombings, has in the past been used in business and personal disputes. Local law enforcement agencies often lack the resources and capability to effectively deal with such threats. Although foreign travellers are not ordinarily targeted, there is the potential for bystanders to be caught up in such incidents.
 Some restaurants in popular tourist locations offer drug-laced(酒を加える)food and drink which may contain harmful and unknown substances. The unknown additives in these foods and drinks can be dangerous and may result in serious illness and death. Travellers have been assaulted after accepting 'spiked'(アルコールを加える)food and drink. Never leave food and drink unattended.
 Petty crime, including bag snatching by thieves on motorcycles and theft from guest houses, occurs frequently. In the lead up to local festivals, such as Lao New Year in April, there is a significant increase in theft and violent crime.
 You should reconsider your need to travel in Xaisomboun district, east of Vang Vieng, due to the risk of bandit attacks.
 You should exercise caution and be vigilant when travelling on Route 7 (Phou Khoun to Phonsavanh) or Route 6 (near the town of Sam Neua, Huaphan Province).
(Source: Australian Government)




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/07/02 09:47】 | 治安
【タグ】 ラオス  Laos  治安    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。