癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高床式住居
↑高床式住宅(2007年3月16日、ヴィエンチャン)

 ラオスの住宅の多くは、高床式住宅になっています。

 日本の住宅でも、雪の多い地域で一階が壁のない吹き抜けになっている家を見かけますので、それほど違和感はないと思います。

 また、弥生時代の遺跡跡に復元されている倉庫等は、まさに高床式で、同じようなものはたくさんラオスで見かけます。

 床下部分は、倉庫にしたり、ハンモックをつって昼寝をする場所にしたり、食事をする場所にしたり、織機を置いて機織りをしたり、動物を飼ったりと様々な用途に活用されています。

 雨季に出水することもあり、また、ネズミなどの被害を抑えるためにも高床式の家はラオスの環境に適していると思われます。

 最近は地べたにそのまま建てる現代風の家を見かけます。


【Bon appétit !】

 A Traditional Lao Home

 The unique characteristic of a traditional Lao home has a direct impression on the Lao people and their live hoods that is different from the present mixed architecture of tradition and modernism.
 A traditional Lao home is built high off the ground with hardwood stilts embedded either into the ground or on stones.
 Wooden planks are used for flooring.
 Wood boards or bamboo are used for siding and either grass or shingle can be used for roofing depending on what the home owner can find at the moment.
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/01/10 09:56】 | 家、建築
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。