癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミーキヤオサワナケート
餃子入りラーメン↑(2007年3月29日、サワナケート)


 ご飯好きな私としては、ラオスの主食がおこわ(カオニャオ)であることはこの上ない幸せです。

 麺は嫌いではありませんがそれほど積極的には食べていませんでした。

 ラオスは、様々な麺があり、楽しませてくれます。

 コメ粉から作ったカオピヤックセン、ヴェトナム風のフー、肉味噌が入ったカオソイ、ソーメンのようなカオプン、まだまだたくさんの種類があります。

 ラーメンのような黄色い麺もあります。

 ラーメンのほかに、刀削麺、焼きそば、かた焼きそば等もあります。

 サワナケート中心部の広場からメコン川に向かって歩いていたら道の左側に餃子の入ったラーメン(ミーキヤオ)を出す店がありました。

 なかなか美味しくいただけました。


【Bon appétit !】

 ラオス料理

 Lao cuisine is the cuisine of Laos, which is distinct from other Southeast Asian cuisines.
 Laos shares borders with neighboring countries and as a result, Lao cuisine has strongly influenced the neighboring cuisine of Northeastern Thailand (Isan) and some Lao culinary influences have also reached Cambodia and Northern Thailand.
 The staple food of Laotians is sticky rice eaten by hand.
 Galangal, lemongrass and padaek (Lao fish sauce) are important ingredients.
 The most famous Lao dish is Larb; sometimes also spelled laap), a spicy mixture of marinated meat and/or fish that is sometimes raw (prepared like ceviche) with a variable combination of herbs, greens, and spices.
 Another Lao staple dish is a spicy green papaya salad dish known as tam mak hoong.
 Lao cuisine has many regional variations, according in part to the fresh foods local to each region.




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/07/09 13:52】 | レストラン、外食
【タグ】 ラオス  Lao    ミー  ミーキヤオ    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。