癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村長とラオラオ
先ずは焼酎↑(2007年3月30日、サワナケート、ラオス)


 今は、2007年3月30日。

 ヴィエンチャンの南500kmに位置するサワナケート県に来ています。

 街から離れて、田んぼに来ています。

 田の脇に、休憩小屋が立っています。

 屋根だけがあり、壁はありません。

 村長さんとここでお会いして、いろいろ話を聞くことになりました。

 村長さんがやって来たと思ったら、いきなり、ペプシコーラのペットボトルが出てきました。

 琥珀色になっていて、中に、木片が入っています。

 村長自家製焼酎です。

 こちらではラオラオと呼ばれています。

 泡盛のような味で、米を発酵させて蒸留して作るとのこと。

 アルコール度数は50度を超えるものもあります。

 健康に良いとされる木片が浸けこまれています。

 これを村長と飲みあいます。

 村長の話を聞き出すための第1の関門がこの儀式です。


【Bon appétit !】

 Lao-Lao

 Lao-Lao is a Laotian rice whisky produced in Laos.
 Along with Beer Lao, lao-Lao is a staple for the people of Laos.
 Contrary to what the romanized transcription would make one believe, the name lao-Lao is not the same word repeated twice, but actually two different words pronounced with different tones: The first lao means "alcohol" and is pronounced with a low-falling tone (in the standard dialect), while the second lao means Laotian and is pronounced with a high(-rising) tone.



FC2 Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

 【お知らせ】本ブログの兄弟姉妹ブログ「1人ひとりがVIP」(←クリックして下さい)(http://plaza.rakuten.co.jp/kokoronoyasuragi/)は、お陰さまで好評です。こちらもよろしくお願いします。




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/08/13 22:24】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  ラオラオ  焼酎    Lao  
トラックバック(0) |


じゃ@
日本でもそういう習慣があれば・・・楽しいでしょうねぇ(笑)


じゃ@山の会さんへ
GKen
日本でもそういう習慣があれば・・・楽しいでしょう。ご無沙汰しています。お元気のことと思います。
近いうち、坏を酌み交わしましょう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日本でもそういう習慣があれば・・・楽しいでしょうねぇ(笑)
2011/08/16(Tue) 18:28 | URL  | じゃ@ #LkZag.iM[ 編集]
じゃ@山の会さんへ
日本でもそういう習慣があれば・・・楽しいでしょう。ご無沙汰しています。お元気のことと思います。
近いうち、坏を酌み交わしましょう。
2011/08/20(Sat) 09:32 | URL  | GKen #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。