癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダム湖
水を湛える湖↑(2008年6月22日、ヴィエンチャン県、ラオス)

 水力発電に力を入れているラオスは、ダム建設ラッシュとなっています。

 そんなに作って大丈夫?

 計画では、毎年発電能力を12%増やしていくこととなっています。

 発電した電気は本来であれば国民に回せばいいのでしょうが、送電線のインフラ未整備のため、国民に回すことはできません。

 発電した電気はタイに売って外貨収入を得ています。

 今後は、カンボジア、ベトナム等へも販路を広げていく予定としています。

 人民革命党による一党独裁体制があるために、かなり強引にダム建設が進められています。

 自然破壊水源林の減少等が進んでいるラオスです。

 保水力のなくなった山がここ2年間ほどで相当増えてきていると思われます。

 周辺国を含め、監視を強めないと、大変なことになってしまいます。


【Bon appétit !】

 Laos Aims to Be the Hydropower Battery of Southeast Asia

 Although landlocked, Laos is capitalizing on its abundant water sources, including the Mekong River, its mountainous terrain, which allows relatively quick water flows, provides constant and reliable currents.
 Laos has the potential to produce approximately 26,500 MW of hydropower. The Asian Development Bank has projected electricity demand in Laos to grow at an average 7.7 percent annually until 2030, while electricity generation will grow at a faster 12.1 percent.
 Thailand, its long-term export destination is expected to continue buying power from Laos and new markets that it is looking to tap are Vietnam and Cambodia, according to the ADB's Energy Outlook.
(c.f.:11 Aug 2011, CNBC Asia-Pacific)



FC2 Blog Rankingに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

 【お知らせ】本ブログの姉妹ブログ「1人ひとりがVIP」(←クリックして下さい)(http://plaza.rakuten.co.jp/kokoronoyasuragi/)は、お陰さまで好評です。こちらもよろしくお願いします。




関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/08/20 10:34】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  Lao  ダム  自然破壊  森林  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。