癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ
背びれを見せて泳ぐ川イルカ↑(2008年4月14日、チャンパサック県、ラオス)


 メコン川には、川イルカが生息しています。

 私も、ラオス最南部チャンパサック県のカンボジア国境付近に川イルカを見に行ったことがあります。

 イルカが川から飛び上がるような場面にはお目にかかりませんでしたが、つがいのイルカが仲良く背びれだけを見せて川を泳いでいる光景には、何度かお目にかかりました。

 とても心を和ませてもらいました。

 世界自然保護基金(WWF)によれば、メコン川に生息する川イルカは85頭とのことです。

 この水準では、種を維持することは非常に困難で、絶滅の可能性があります。

 川イルカが安心して子孫を増やしていけるよう人類は真剣に対応しなければならないと思います。


【Bon appétit !】

 メコン川の川イルカは85頭

 The Irrawaddy dolphin population in the Mekong River numbers roughly 85, with the survival of new calves very low, suggesting they are at high risk of extinction.
 The Irrawaddy dolphins live in a 190 km (118 mile) section of the Mekong between Kratie, Cambodia and the Khone Falls, which are on the border with Laos.
 Fishing gear, especially gill nets, and illegal fishing methods involving explosions, poison and electricity all appear to be taking a toll, with surveys conducted from 2007 to 2010 showing the dolphin population slowly declining.
 Research also shows that the population of dolphins in a small transboundary pool on the Cambodia-Laos border may be as few as 7 or 8.
 Dolphins once ranged from the Mekong delta in Vietnam up through the Tonle Sap in Cambodia, and then up tributaries into Laos, but shot by soldiers and harvested for oil in the past.



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/08/24 21:30】 | サワナケート県
【タグ】 ラオス  Laos  イルカ  絶滅危惧  メコン川  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。