癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休憩小屋
出作り小屋↑(2007年3月30日、サワナケート県、ラオス)

 今は、2007年3月30日。

 ヴィエンチャンの南500km程の所にあるサワナケート県に来ています。

 田んぼの脇に、屋根だけで壁のない高床式小屋があります。

 良く見ると、床下部分にダイコンが干してあります。

 タクワンにするのでしょう。

 この小屋で、農作業の休憩をします。

 また、ここに泊まり込んで農作業をすることもあります。

 日本では出作り小屋に寝泊まりして農作業をする地域を時々みかけますが、ラオスでも家と田んぼを行き来するのが大変ですので、一旦田んぼに来ると小屋で泊ることがよくあります。


【Bon appétit !】

Wild elephants destroy crops

 Head of the office Mr. Bounyang Souphan-amath said that the three elephants, an adult and two juveniles, were spotted on June 26 and are believed to be a mother and her two offspring.
 “We followed their trail and believe they left the jungle in Na village, Thaphabath district, Borikhamxay province, due to human encroachment and traveled 17 km to our district.”
 “They spend most of their time searching for food and luckily no one has been injured despite the large number of people who have come to see them,” Mr Bounyang told Vientiane Times reporters at the scene yesterday.
 They were found when a soldier relieving himself in the forest was knocked to the ground from behind by one of the smaller elephants using its tusks. The soldier pretended to be dead while the elephant smelled him until it lost interest and walked off, he added.
 After the agriculture department had assessed the full extent of the damage done to crops, farmers and department officials tried unsuccessfully to drive the elephants away with loud noises and firecrackers.
(July 21, 2011)



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/08/25 17:25】 | 自然環境、農林水産業
【タグ】 ラオス  サワナケート  小屋  高床式  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。