癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2011年8月23日のブログの続報です。

 在ラオス日本国大使館によると、山崩れによって通行不能となっていたヴィエンチャン県とルアンパバン県との県境付近の国道13号線は、8月27日には既に片側1車線仮設道路により通行可能となったとのことです。

 通行可能と言っても、一時的な措置で十分な安全性は確保されていない状況です。

 やむを得ず同所を通行する場合には、十分な注意が必要です。


【Bon appétit !】

 Travel by Road in Lao

 Lao PDR has 13100 km of road network, excluding forest and mining roads, consisting of national, provincial and local roads.
 The 3390 km of national roads link major towns, provincial capitals and provide connections to neighbouring countries.
 1620 km of them are paved. The rest are mostly earth-surfaced, connecting towns and large villages within provinces.
 The backbone of the road system is the National Road No. 13, 1370 km long, linking Pak Mong in the North with Khong in the South, passing through major urban areas of Luang Prabang, Vientiane, Savannakhet and Champasack.
 National Road No. 9 leads to the Vietnamese border.



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/09/02 15:57】 | 道路、交通
【タグ】 ラオス  土砂崩れ  国道13号線    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。