癒されるラオス、懐かしいラオス、幸せなラオス人、日本が失った大切なものを見つけに行きませんか?ラオスに3年間住んだGKenが知られざるラオスで、美しい自然田園風景や素晴らしい友人を探しに行く旅に誘います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パークサン市場
市場の肉屋さん↑(2007年3月30日、パークサン、ボリカムサイ県)

 今は、2007年3月30日。

 ラオスの南部サワンナケートから国道13号線を北上しています。

 ヴィエンチャンに到着するまでの最後の町らしい町ボリカムサイ県のパークサンに到着しました

 ヴィエンチャンには、あと3時間程で着きます。

 ここで休憩することにします。

 市場があるので、見学します。

 日用雑貨品から電化製品、家具に至るまで何でもあります。

 もちろん、米、野菜、果物、肉、魚、惣菜、加工食品等の食料もあります。

 肉売り場へ行ってみます。

 豚、牛、水牛、鶏、アヒル等が売られています。

 珍しいことに、肉の価格が市場内に表示されています。

 この市場では、価格が統一されているのでしょうか?


【Bon appétit !】

 Land in Vientiane soars to over 24 million kip per sqm

 Land in Vientiane is most expensive in the Sihom area, according to a leading real estate agency, Lao Land, with one square metre now selling for 13-24 million kip (US$1,500-3,000).
 Lao Land Managing Director Ms Thounkeo Sibounheuang said land in the Sihom area is the most expensive in Vientiane because it is a commercial hub. Land here is not only expensive, but scarce.
“The price of land in Sihom starts at 13 million kip and goes up to 24 million kip per square metre. But even at this price, many people want to buy land here,” Ms Thounkeo said.



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ラオス - ジャンル:海外情報

【2011/10/02 22:59】 | 食材、食生活
【タグ】 ラオス  肉屋  市場  ボリカムサイ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。